龍馬の足跡を訪ねて~その1

高知旅行の二日目。
今朝は高知市の中心部から30分ほど路線バスに揺られ、桂浜にやって来た。月の名所として、そして坂本龍馬ゆかりの地として知られる、高知随一の景勝地だ。

P1100765RS.jpg
 ▲桂浜といえば坂本龍馬像
P1100758RS.jpg
 ▲龍馬さんの視線の先には、遥かなる太平洋。

P1100927RS.jpg
 ▲桂浜のバス停前にある土産物屋街。朝早くだったので人通りが少なく、ちょっと寂しい感じだが、その分のんびりと散策することができた。

P1100845RS.jpg
 ▲続いて、桂浜の丘の上に建つ坂本龍馬記念館を見学。龍馬の書いた手紙や、龍馬の血痕が付いた近江屋の掛軸など、貴重な史料がたくさん展示されている。

P1100869RS.jpg
 ▲龍馬記念館で。龍馬と中岡慎太郎が暗殺された近江屋の実物大セット。

その後、龍馬記念館から2kmほど歩いて高知桂浜郵便局へ。観光地からは少し離れた、ごく普通の住宅街の郵便局だが、「月の名所の桂浜郵便局」と「坂本龍馬の桂浜郵便局」の2種類の宝印があった。

P1100948RS.jpg
 ▲桂浜郵便局で。龍馬記念館にもこれと同様のものがあったが、見ての通り、県外からの来訪者には記念にシールを1人1枚貼ってもらっているようだ。私も「愛知県」のところにペタリ。
昨年は龍馬ブームの影響で来訪者が特に多かったらしく、2010年の年間ベスト5は神奈川県、東京都、大阪府、埼玉県、兵庫県だったとのこと。四国内よりも首都圏・近畿圏からの来訪者の方が多いようだ。

桂浜郵便局の近くには「ナラビ」という変わった名前のバス停があるが、漢字では「並」と書く地名のようだ。しばらく郵便局で待たせていただき、再びバスで高知市街に戻ります。
関連記事

Comment

Comment Form
公開設定

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。