土佐の高知のはりまや橋へ

宇多津の街ではあまりにゆっくりし過ぎたため、行く予定だった郵便局2局のうち1局しか行けず、駅まで走って戻るハメになってしまった。機会があればぜひまたゆっくりと訪れたい街だ。
さて、宇多津から特急南風号に乗ること2時間。雪の残る大歩危峡を通り過ぎ、今日の最後の目的地、高知にやって来た。同じ四国でも香川県にはもう数え切れないほど来ているが、高知県はこれが初上陸だ。

P1100526RS.jpg
 ▲2008年に高架化されたJR高知駅。屋根は半円形のアーチ状で「くじらドーム」と呼ばれている。
一番右の1番線に停まっているのが、宇多津から乗ってきた特急南風号だ。
P1100556RS.jpg
 ▲夕暮れの高知駅前。どこからともなく龍馬伝のテーマ曲が聞こえてくる。

まずはさっそく高知駅前にある高知中央郵便局、その中にあるゆうちょ銀行高知店へ。ここは18時まで貯金が可能だ。
続いて、土佐・龍馬であい博のメイン会場「高知・龍馬ろまん社中」を見学。あまり時間がなかったのでゆっくりとは見られなかったが、ドラマ「龍馬伝」の登場人物が衣装や小道具とともに紹介されており、なかなか見応えのある内容だった。

その後、駅からはりまや通りを南下し、はりまや町・帯屋町を中心とした高知市の中心街へ。

P1100682RS.jpg
 ▲高知のシンボル、はりまや橋
よさこい節にも歌われている有名な橋だが、意外とひっそりとしていて小さな橋なので、「がっかり名所」なんて言われることも。ただ、周辺一帯にはイルミネーションが施され、幻想的な雰囲気だ。

P1100593RS.jpg
 ▲はりまや橋の東側に位置するはりまや橋商店街
1998年に全国で初めて木造のアーケードが設置されたそうだ。年始早々だからか閉店しているお店が多く、人通りも少なくてちょっと寂しい。

P1100634RS.jpg
 ▲高知随一の繁華街・帯屋町商店街
こちらは若者向けのお店が中心。夜でも比較的人通りが多く、賑やかだ。

P1100722RS.jpg
 ▲帯屋町商店街の路地裏に広がる夜の街。

P1100652RS.jpg
 ▲最後に、高知市街を東西に貫く電車通り(国道33号)。
その名の通り、ひっきりなしに路面電車が走っている。電停は絶えず乗り降りする人たちで賑わい、市民の足として親しまれていることがわかる。

さて、明日は一日かけて高知の街を巡ります。
関連記事

Comment

Comment Form
公開設定

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。