西濃の郵便局めぐり(その1)

今日は久々に仕事が半日休みで、夕方から出勤の日。ということで、またまたまた岐阜県西濃地域にやって来た。
せっかくの平日の昼間なので郵便局めぐりができる!ということで今回は、以前から気になっていた大垣市南部から養老町・垂井町にかけての簡易郵便局密集ゾーンに行くことにした。大垣やら垂井やら墨俣など、面白そうな市街地もこのあたりにはいくつか点在しているが、今日は郵便局めぐりに専念し、街歩きはまた今度の機会ということに。

まずは名神大垣ICにほど近い大垣島里(おおがきしまざと)簡易郵便局へ。大垣は電車の乗り換えでよく利用する駅だが、クルマで来るのは本当に久しぶりだ。

ポケットティッシュをくださった。何かのお店の一部を間借りしたような建物だが、局内は普通の郵便局らしいしっかりと(?)した雰囲気で、あまり簡易局らしくない。幹線道路沿いの住宅地にあり、利用者も多いのだろう。
水屋の点在する大垣市郊外の田園地帯を西に進み、次にやってきたのは大垣友江(おおがきともえ)郵便局

近鉄…もとい養老鉄道の友江駅前、旧街道のような狭い通り沿いにある。いかにも郵便局らしい典型的な建物だ。局舎内は混雑していて賑やかだった。


養老鉄道友江駅。踏切警報機や警笛の音は近鉄時代のままで、ちょっと懐かしい。


友江駅前の風景。周辺には若干ながらお店が点在している。商店街というほどではないが…。

さらに西へ進み、杭瀬川を渡って養老町へ。東海環状道の橋脚の工事がもう始まっていて驚いた。
次にやって来たのは養老飯田(ようろういいだ)簡易郵便局


田んぼと住宅が混雑する街はずれにあるが、こちらも簡易局とは思えないような立派な建物だ。愛想のよいおばちゃんの局員さんが、キャンディを2つくださった。

さらに局めぐりは続きます。。。
関連記事

Comment

Comment Form
公開設定

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。