輪之内町の大藪本通り商店街

4日ぶりにまたまたやって来た、岐阜県西濃南部。まずは安八郡輪之内町(わのうちちょう)へ。名は体を表わすというが、ここがまさに中学校の教科書にも出てくる「輪中(わじゅう)」の町だ。
巨大なイオンタウンがある以外はほとんどが田んぼばかりで、正直何もない町だと思っていたが、イオンタウンにほど近い大藪小学校の周辺に、旧市街らしき集落を発見。


 ▲大藪本通商店街。今では商店街というほどお店は残っていないが、かすかに昔の面影がある。
イオンタウンができる前はどれくらい賑わっていたのだろうか。

 ▲通りの北端にはこんなアーチが。お店の宣伝のようだが、ちょっと珍しい。

集落のはずれには御寿民俗史料室と書かれた小さな建物があったが、残念ながら閉まっていた。
関連記事

Comment

Comment Form
公開設定

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。