これぞ昭和レトロ!一宮市萩原・稲沢市祖父江を歩く

P1060232RS.jpg
 ▲旧美濃路沿いに開けた萩原(はぎわら)商店街の入口のアーチ。
一宮市のはずれの商店街にはこのようなアーチが多く、木曽川や奥町、浅井などにも同様のものがある。

先日、夕方まで仕事が休みの日があったので、朝からちょっとした街歩きをしてきた。
我が地元・一宮市の郊外には、萩原(はぎわら)尾西(びさい)奥町(おくちょう)木曽川(きそがわ)浅井(あざい)、また隣の稲沢市には祖父江(そぶえ)といった小都市が点在している。いずれも小規模で手頃に歩けるし、何より趣のある昔ながらの商店街が残っている。この日は手始めに、萩原と祖父江から攻めていくことにした。
P1060322RS.jpg
最初にやって来たのは萩原。一宮市の南西の外れに位置するこの街は、かつて美濃路という街道の宿場町として栄えたところだ。近年はチンドンの街としても知られるようになり、毎年開かれるチンドン祭は地元のテレビ番組でもよく紹介されている。

上の写真は、街の玄関口である名鉄尾西線の萩原駅。尾西線は名鉄の中でも最も古い歴史を持つ路線で、森上、萩原、苅安賀、奥町など風格のある駅舎が数多く残っていたのだが、数年前に一斉に取り壊されてしまった。維持費の問題などいろいろあるのだろうが、どこにでもありそうなプレハブのような駅舎になってしまったのは本当に残念な限り。
ちなみに1955年に建てられたという旧駅舎の写真は、まるかど日記さんで紹介されていました。かつては一宮市役所の萩原支所が2階に入っていたんだとか。

P1060318RS.jpg
駅前風景。やたら広くがらんとしているように感じるが、昔はここにバスやタクシーが所狭しと並んでいたのだろう。
駅前からは西に向かって「萩原駅前商店街」が伸びている。営業しているお店はあまり多くなさそうだったが、ただ1軒だけ、店の外にまで行列の伸びているラーメン屋があった。見た目は民家を改装したような小さなお店だが、地元では有名なのだろうか。行列のできる飲食店なんて、一宮はもちろん名古屋市内でも滅多に見かけないので、何だか珍しいものを見た気がする。機会があればまた来てみよう。

P1060252RS.jpg
続いてメインストリートの美濃路沿いへ。江戸時代の面影はあまり残っていないが、昭和レトロの雰囲気はどこの商店街にも負けていない。頭上にはカラフルな飾り付けが派手にぶら下がっているが、別にお祭りをやっているとかそういう訳ではなく、一年中この有様だ。
通り沿いには、洋風の洒落た近代建築が1軒ぽつんと建っていた。どうやら1926年に建てられた旧萩原郵便局のようだ。廃墟となったまま放置されている様子だったが、商店街の活性化に何とか利用できないものだろうか。

萩原の街の裏路地を歩いていると、ギザギザ屋根の機織り工場を至るところで見かけた。萩原に限らず、一宮市の昔からの集落ではよく見る光景だ。ガチャンガチャンという機織りの音も、一宮の人にとっては子守唄のように身近な存在なのだろう。

さて、この萩原では、個性的なお店をいくつか見つけた。

P1060312RS.jpg
駅にほど近い旧美濃路沿いで。ごく普通のお好み焼屋さんのようだが、上部のメニューを見ると、お好み焼、たこ焼、焼そば、大判焼、みたらし、フライドポテト、ポテトボール、おむライス(原文ママ)、ラーメン、ぴらふ(原文ママ)、うどん、串かつ、おにぎり、フランクフルト、アイス、かき氷と、尋常ではない品揃えの良さを誇っている。小さくて見にくいが、「萩原一の人氣者だ!!」というローカルなフレーズもまたいい。こういう、地元の人(特に子ども)に親しまれてそうなお店っていいね!

P1060295RS.jpg
その近くには、レトロ好きにはたまらないホーロー看板をこれでもかというほど貼りたくった謎のお店が。よく見たらペットショップのようだが、この店構えではちょっと入りにくくないか、心配になってしまう。

ここらで萩原の街とはお別れし、続いてやって来たのは稲沢市の祖父江町。ここは2005年まで中島郡祖父江町という独立した町だったところで、今でも稲沢市街とは独立した小規模な市街地を形成している。

P1060394RS.jpg
これが祖父江のメインストリート。清須市の清洲城と岐阜県羽島市の八神とを結ぶ、八神街道という街道沿いに開けた商店街だ。
萩原と比べるとやや寂れ気味だが、渋くてなかなか味わい深い。この祖父江町は日本一の銀杏の産地として有名で、それにちなみ、祖父江町商工会の街灯は銀杏の葉の形になっている。
通り沿いには営業しているのかしていないのか分からない古びた旅館があったが、玄関先に「十八才未満の少年が遊びとして休憩、宿泊することはお断りします 店主 一宮地方旅館防犯組合」と書かれた札が掲げられていた。よく分からないが、かつて赤線でもあったのだろうか?

ちなみにメインのこの通りは「川原町」と呼ばれているらしく、他に南川原町、新町、本町、大門町といった通称地名もあるようだ。1本南の通りには、昨年秋に行った善光寺の東海別院もあり、ちょっとした観光スポットにもなっている。

P1060426RS.jpg
川原町の通り沿いにあった、潰れたまま放置されたパチンコ屋。哀れにも、看板の一部が抜け落ちて「パン」屋になってしまっている。まだ「パ」が抜けるよりはマシだが(苦笑)
さらに、この数軒先には本当の製パン所があったのだが、そちらも看板の一部が壊れて「製ノ°ン所」になっていた。壊れた看板ほど商店街を侘びしくさせるものはないだろう。

また、この川原町の通りと直交する南北の通りも、もはや商店街とは言い難いが、昔は栄えていたような雰囲気が感じられた。

P1060447RSS.jpg
南北の通り沿いにあった、廃業した洋菓子店「ライン・コンフェクト」の看板。いつごろの時代のものなのだろうか、当時としては先進的なデザインだったんだろうなぁ…。

P1060554RS.jpg
さて、祖父江市街から八神街道に沿って2kmほど東に歩くと、名鉄の森上駅がある。先ほどの萩原駅から続く尾西線の駅だ。ここにも1939年築の古い駅舎が最近まで残っていたが、いつの間にか建て替えられてしまっていた。

森上駅の周辺は迷路のように細かい道が入り組んでいて、ちょっとした商店街もあり、西町、元町、仲町、有楽町、南町などといった通称地名もある。祖父江町の玄関口であるとともに、町内第二の市街地でもあるようだ。

P1060514RS.jpg
森上駅南側の踏切から南東に伸びる旧八神街道。街並みは祖父江地区よりもさらに素朴な感じだ。

P1060561RS.jpg
駅の西側には、道幅が広く比較的新しそうな商店街もある。

あれは15年ほど前、まだ小学生だった頃。夏休みの名鉄スタンプラリーでこの森上駅に立ち寄った際、駅前の小さな大衆食堂でラーメン(というより中華そば)を食べた記憶がある。味はあまりよく覚えていないが、土間に直接置かれた簡素なテーブル、写りの悪いテレビ、そして老夫婦2人で切り盛りする家庭的なあの雰囲気は、今も鮮明に覚えている。「のんきや」というこのお店、建物と看板はそのまま残っていたが、10年ほど前に廃業されたようだ。あの老夫婦はご健在だろうか。
当時を思い返すと、この駅の周辺は今よりももっと賑やかだった気がする。駅の西側の線路沿いにも、少し前まで小さなパチンコ屋があったが、そこもいつの間にか更地になっていた。ほとんど小さな集落と田んぼしかないこの尾西線沿いの中で、あのパチンコ屋のおかげで森上駅は最も市街地らしく見えたものだが、この不景気でパチンコ業界も苦しいのだろう。

回想に耽りながら駅前をぶらぶらと散策していたら、こんなものを発見。
P1060538RS.jpg
昔ながらの手書きの広告地図だが、よく見ると森上駅から見たこともない支線が伸びている。どうやらかつて、ここから西へ2.5kmほどのところにある三興製紙(現:王子板紙)まで引込線があったようだ。
廃止されたのは今から30年以上も前のことで、知らなかったのも無理はない。すごいもんを見つけたぞ!と意気込んでいたら、これもすでにまるかど日記さんで紹介されていました。森上駅の旧駅舎の写真もあり。

この後、祖父江市街に戻る途中、1軒の簡易郵便局に立ち寄った。
P1060591RS.jpg
祖父江山崎簡易郵便局。まるで民家のような建物、消えかかった看板、半開きの扉と、絵に描いたような簡易局の建物だ。この祖父江町、町内にある郵便局7局のうちなんと5局が簡易郵便局という、旅行貯金者にとってはまさに聖地のような場所なのだ(ただし、うち1局は貯金扱い無し)。
実は6年前にこの祖父江町を訪れたとき、貯金可能な6局のうち5局は訪問できたのだが、時間の都合でここだけ行き残してあった。自宅からも近いのでいつでもまた来れると思っていたら、なんと2006年1月に一時閉鎖。もう永久に行けないかと後悔したものだが、幸いにも2008年6月に復活し、2009年7月には貯金扱いも再開。そんなわけで、長年の懸案だった稲沢市全局制覇をようやく実現することができた(貯金扱いの無い局を除く)。

ところで、杏和高校近くの県道512号沿いの空き地に、名鉄バスや名古屋市バスの車両が4台ほど放置されていた。あれは一体何なのか。Googleのストリートビューには写っていないので、まだ最近のものだろうか?

最後に少しだけ時間が余ったので、木曽川の対岸にある岐阜県羽島市を少しだけ訪問。八神街道の終点、羽島市桑原町八神には、お店が数軒のみのミニ商店街があった。
P1060642RS.jpg
羽島市中心部から細く長く続いている旧街道のような通り。2001年までは、この道に沿って名鉄竹鼻線の支線が伸びていた。

P1060640RS.jpg
名鉄八神駅跡。廃止されて10年近く経つが、意外にもきちんとした形でホームが残っていることにビックリ。

この後、羽島市内の郵便局3局に立ち寄ってから、何食わぬ顔で仕事に向かった。
平日の昼間のプチ旅行はこれで終わり。最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
関連記事

Comment

フルコース

お久しぶりです!

なんかまっちの好きそうなスポットのフルコースって感じだね。美濃路って二ツ杁の南にある通りは仕事でたまに通るんだけどそことつながっているのかなぁ。

あとペットショップのほうろう看板いいねぇ。レトロ電車館を拡張してそういう懐かしいものを取り揃えたらもっと流行るんだろうなぁ。

パチンコ屋の件はまさかの下ネタですか(笑)そういえば近所のパチンコ屋さんの隣に有名な学習塾ができるのですが、大丈夫なんだろうか。。

萩原界隈

こんばんは。

私も先月、萩原駅前をちょっと歩きました。

ほうろう看板のあるお店の前も歩いたのですが電車の時刻が気になって視線が上を向いておらず看板には気付かなかったようです‥ 反省。
撮った写真を見たら通りの写真に写っていました。
これからは、なるべく気持ちのゆとりをもってあちこち関心を持って歩こうと思います。

愛知県内にもいろいろと奥深い町がたくさんありますね!

ノスタルジアが感じられる街の風景ですね。 時間が止まったようです。 以前に龍宮(ヨングン)駅周辺に行った時が思い出されます。

駅の乗り場だけどしんと残されている風景を見ると最近京春(キョンチュン)線、清平(チョンピョン)駅に行ったのも思い出しますね。 新駅舎で移転した後旧駅舎は完全に取り壊されてしまったし、乗り場だけ廃虚で残っていました。

簡易郵便局は韓国の郵便取扱所ぐらいなるということなように出ます。 郵便取扱所は小さい店のようになっていて金融業務はしないようです。 私の家の近所にもありますね。

>LLPさん
そうそう、二ツ杁のあの美濃路と繋がってる道ですよ。途中でくねくね曲がりまくっているので、ルートをたどるのはちょっと難しいですけどね。
近所のパチンコ屋さんの隣って、まさかゴルフ5跡のあれのことですか?近々そこに行く予定なので、ニアミスするかも?

>ぞうさん
先月来られていたなんて、偶然ですね。
確かに街歩きは、のんびりとあちこち眺めながら歩くのが理想ですよね。そういう私も時間に追われてせかせかと歩くことが多いので、あまり偉そうに言えた立場じゃないんですが…。
実はこの一週間後に、同じ一宮市内の奥町も歩いたので、近々また記事に上げようと思います。

>Tabiperoさん
龍宮駅といえばネイルロ(Rail路)旅行で立ち寄られたところですね。今回訪れた街は、一宮という大きな都市の近くにありながら、まるで遠くの知らない街に来ているような錯覚を覚えました。
韓国の鉄道は、改良工事の際に線路ごと移設されるところが多いので、こういう廃駅はたくさんあるんでしょうね。いつか京春線に乗って春川にも行ってみたいです。

>まっちさん

そうそう。ゴルフ5跡のあれです。地下鉄の駅でバッタリ会うかも☆

シブいですね

ご無沙汰しております。
萩原町と言えば、あの舟木一夫の出身地ですね。確か「燃えよドラゴンズ99年バージョン」のカップリングにこの故郷を歌ったものがあって余りのローカルさに爆笑しましたが。

竹鼻線の末端区間も懐かしいです、廃止の数年前に名鉄の初詣2dayフリー切符で乗り鉄したのを思い出しました。

3枚目の写真(駅前)のアーチ奥の右側にあるラーメン屋、地元では超有名店だそうで、以前取材対象者に連れられて行ったんですが、美味いですよ。あと、
チンドン祭りも凄すぎるので、ぜひ行ってくださいみてください!

>9丁目1番地さん
調べてみたら、どうやらこれのようですね。
 「ROCK'N ROLLふるさと」舟木一夫
 http://music.goo.ne.jp/lyric/LYRUTND45195/index.html
舟木さんの生家があのお好み焼き店のすぐ近くだったとは、全然気付きませんでした。
そういえば、一宮のご当地ソング?はつボイノリオの「一宮の夜」もありますね。
竹鼻線の末端区間は一度乗ったことがあるのですが、写真を撮っていないせいか、さっぱり記憶がありません。。。

>まささん
やっぱり有名なお店だったんですか。職場からも近いので、今度行ってみようと思います。
チンドン祭りも、萩原を語るならぜひ見に行かないといけませんね。
Comment Form
公開設定

Trackback

秋の夕暮れ、見上げればアーチと風呂屋の煙突──郷愁の奥町

 ▲奥町のメインストリート。新旧織り混ざった素朴な風景がそこにはある。 10月17日。美濃白川と東白川を訪れた翌日は、みるくさんと愛知県一宮市の奥町(おくちょう)にやって来た。少し前に萩原と祖父...

萩原、再訪

以前、「これぞ昭和レトロ!一宮市萩原・稲沢市祖父江を歩く」で紹介した一宮市萩原町に、一昨日また行ってきた。お目当ては、萩原駅前で見かけたあのラーメン屋、華丸(はなまる)。コメントにもあるように、...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。