夏の北海道(2010.7) その5~美瑛・富良野編

P1030448RS.jpg
 ▲美瑛町北部、パッチワークの丘付近で。今回はあえてセピア調にしてみた。絵葉書になりそうな風景、というのはちょっと言い過ぎか。

(前回からの続き)
旭山動物園を閉園間際まで堪能してから、再び美瑛・富良野を経由し、トマムのホテルを目指した。すでに夕方近くなっていたが、せっかくだから美瑛の広大な丘の風景も見ていこうということになった。
帰りは美瑛市街の国道237号を通らず、パッチワークの丘と呼ばれるエリアを迂回して帰ることにした。美瑛町の北西部に広がるこの丘は、「ケンとメリーの木」や「セブンスターの木」、「マイルドセブンの丘」といった名所が点在しており、この周辺では何としても外しがたい観光スポットなのだ。
ところが、晴れかかっていた天気が再び崩れ始め、おまけに日没間近で薄暗く、何ともわびしい景色に…。

P1030445RS.jpg
 ▲辛うじて車の窓から撮った1枚。天気さえ良ければ「これぞ北海道!」という果てしない丘の風景が見られただろうに、残念だ。

しかし、まだまだ諦められない。せめて、美瑛・富良野の代名詞にもなっている美しい花畑くらいは見て帰りたい。そんなわけで、美瑛町南部の美馬牛(びばうし)地区にある展望花畑 四季彩の丘に向かった。
ところが、着いた頃にはもう18時。おまけに物凄い暴風雨が吹き荒れ、ホテルで600円出して買った折りたたみ傘が見事に大破。どう考えても、花畑に心癒されるようなシチュエーションではない。

 ▼そんな中、意地になって撮った写真がこちら。実際に見た光景よりもずっと綺麗に写っている気がする。
P1030472RS.jpg

P1030469RS.jpg
 ▲「四季彩の丘」の北東方面に広がる丘の風景。草木の揺れ具合が風の強さを物語っている。

びしょ濡れになる前にさっさと退散し、続いて上富良野トリックアート美術館へ。美術館にしては珍しく19時まで開いている(ただし夏期のみ)ので、あえて後回しにしておいたのだ。
トリックアートというと福井県の三国を思い出すが、こんなところにもトリックアートの美術館があったとは。閉館まで残り1時間ほどだったこともあり、ガラガラに空いていてちょっと心配したのだが、いざ中に入ってみると…

P1030489RS.jpg
 ▲あまりのスケールの大きさにビックリ!

P1030487RS.jpg
 ▲段ボールから中身の本、紐まで、全て平面の絵。こんなユニークな展示がずらりと並んでいる。
館内は写真撮影も自由で、絵に合わせてポーズを取ることができるよう、踏み台があったり、ポーズの手本が書いてあったりする。

P1030497RS.jpg
 ▲最後の一室。どこまでが本物でどこまでが絵なのか分からなくなる。

このトリックアート美術館、入館料は大人1,300円とちょっと高めだったが、それも納得するほど楽しむことができた。個人的にかなりお勧めだ。

そして最後は、富良野市内で「富良野オムカレー」を食べて帰ろうということになった。
富良野オムカレーとは、

 第1条:お米は富良野産を使いライスに工夫を凝らす。
 第2条:卵は原則富良野産を使い、オムカレーの中央に旗をたてる。
 第3条:富良野産の「チーズ(バター)」もしくは「ワイン」を使用する。
 第4条:野菜や肉、福神漬(ピクルス)なども富良野産にこだわる。
 第5条:富良野産の食材にこだわった一品メニューと「ふらの牛乳」をつける。
 第6条:料金は税込み1,000円以内で提供する。

という6つの条件を満たしていなければならない、まさに地元富良野にとことんこだわったご当地グルメなのだ。

我々が向かったのは、富良野市郊外の丘の上、閑静なペンション街の一角にある「朝日のあたる家」というお店。フォークの名曲を思い出させる店名だ。
店の入口は外から階段を上がったところにあり、店内は木の温もりが感じられる落ち着いた雰囲気だ。

P1030536RS.jpg
 ▲ということで、さっそくいただいた「朝日のあたる家」の富良野オムカレー、1,000円。
コクのあるカレーに、ふわふわとろとろの半熟卵。おお!これは美味いぞ!
さらに、一品料理として中富良野産ハスカップ入りヨーグルト、そして「ふらの牛乳」が付いてくるのだが、この牛乳がまた今までに飲んだことがないほどの美味しさ。癖がなく、牛乳嫌いの人にも飲めそうだ。
名物にうまいものなし、なんて言われるが、これは文句なしの美味しさだ。富良野を訪れる人にはぜひともお勧めしたい。



朝日のあたる家
北海道富良野市北の峰町13-28
TEL 0167-22-4400
営業時間 11:00-20:00(火曜定休)




こうして北海道旅行の二日目も無事終了。
帰りは国道38号・国道237号から占冠ICに出て、トマムICまで高速(無料実験中)を走り、ホテルまで戻ってきた。占冠村内の国道237号では野生の鹿が道路を横断しようとしているところを目撃。最後まで気が抜けないのが北海道の道路だ。
ホテルに戻った後は、楽しみにしていた温泉へ。ちょうどこの頃、外気温は11℃まで冷え込み、露天風呂が最高に気持ち良かった。

さて、次回はいよいよ最終日。この日はトマム駅から列車に乗ります。

(続く)
関連記事

Comment

段取り

サンフランシスコから初カキコです。こちらは朝7時です(^^)

充実した1日が過ごせたみたいだね。風景写真を撮るための熱い思いが伝わってきました。写真かなりきれいだね☆最初の写真は昭和40年代の天白かと思いましたが(笑)

トリックアートは僕も是非一度見てみたいものです。結構ハマりそうです。

あ、ちなみにこちらも大量の写真をpicasaにアップする予定なので覚悟しておいて下さい(^^)

>LLPさん

太平洋の向こう側からの書き込み、ありがとうございます。
この日は本当に、雨ニモマケズ、風ニモマケズといった感じで良い写真を狙ってきましたよ。
そうそう、ちょうど昨日から名鉄百貨店本店でトリックアート展が始まったみたいですよ。たまたま名鉄の車内広告で見つけたんだけど、詳しくは適当に検索して探してください。
また写真UPしたら教えてくださいね。
Comment Form
公開設定

Trackback

夏の北海道(2010.7) その6~トマム・占冠編

 ▲アルファ・リゾートの敷地内に聳えるトマム山(1239m)。中腹に見える三角屋根の建物が雲海テラスだ。 (前回からの続き) 7月13日。北...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。