ちょっと遠回りな東京旅行(2009.9) その1~長野編

シルバーウィークも一段落した2009年9月。ふとしたきっかけから、東京に行くことになった。
名古屋から東京へは、新幹線を使えば2時間足らず。しかし、単純に新幹線で往復するだけでは面白くない。
そこで思いついたのが、中央線経由で行ってみようということだった。
実は数年前にも一度だけ、東京から名古屋まで中央線経由で(しかも青春18きっぷ利用で)帰ってきたことがある。が、そのときは渋谷で徹夜カラオケをやった翌朝という最悪なコンディションだったので、景色を見る余裕もなく、ひたすら爆睡しながら信濃路を横断してきたのだった。
今回こそはしっかりと景色も見て、途中の観光地なんかにも寄ろうと思い、入念に予定を組んだ。


2009.9.23
ということで「ちょっと遠回りな東京旅行」は始まった。
ただ、単純に塩尻で乗り換えて中央西線・東線経由で行くのではなく、ちょっと足を伸ばして長野まで行くことにした。

まずは名古屋から、7時00分発特急ワイドビューしなの1号長野行きに乗車。連休の最終日なので、Uターンラッシュで混んでいるかと思ったが、意外と空いていた。
P1410169RSS.jpg
実は、名古屋に住んでいながらしなのに乗るのは初めてだ。もう、金山を通過するというだけで興奮する。
そして、せっかくだからということで、奮発してグリーン車の展望席に。これがまた素晴らしい。

P1410192RSS.jpg

名鉄のパノラマカーやパノラマスーパーのように視界が開けた展望席もいいが、運転士さんの姿が見えるのも緊張感があっていいもの。そして振り子式車両であるこの383系は、コケそうなほど傾いてカーブを通過する。
ただ、あいにく天気が悪く、曇ったり、ときどき小雨が降ったり。有名な「寝覚めの床」ははっきりと見えたが、姨捨駅付近からの善光寺平は、霧が濃くてさっぱり見えなかった。残念。
どうでもいいが、広丘駅の手前に「病室踏切」というのがあった。ありゃ何だ?不気味だぞ。
村井駅の先には「養鶏所踏切」というのもあった。

そんなわけで10時00分、名古屋からちょうど3時間で長野に到着した。長野は初めて来る街だ。
長野駅東口風景
長野の中心街はもっぱら西側の善光寺口側にあるのだが、ここはあえて反対側の東口に出てみた。
こちらは区画整理の途上で、新興開発地といった雰囲気。金沢駅の西口や、富山駅の北口によく似ている。

こんなピカピカの街並みだが、少し歩くと平凡な住宅街になり、さらに歩くと七瀬通り商店街というところに出た。
七瀬通り商店街
「駅裏」ということで地味な存在だが、なかなかいいひなび具合だ。祭りでもあるのか、あちこちに「七瀬町」と書かれた提灯が飾られていた。
あたりにはキンモクセイの香りが立ちこめていた。名古屋はまだ残暑だったが、こちらは一足早く秋が訪れたようだ。

続いてJRの線路をくぐり、ようやく長野の表玄関ともいうべき西口にやって来た。
長野駅善光寺口前風景
長野駅善光寺口前風景。長野駅に降り立った観光客の99%は、先ほどの東口ではなく、この光景を目の当たりにすることになる。

二線路通り
駅前から北西へ伸びるコミュニティ道路の商店街、二線路通り。なかなか賑やかだ。

千石街
こちらは末広町通りと二線路通りの間に広がる裏路地的な歓楽街、千石街

ターミナル通り
駅前から西へ伸びるターミナル通り。こちらはオフィス街といった雰囲気。

中央通り
そして、長野駅と善光寺を結ぶメインストリート、中央通り。大きなビルよりも、こまごまとした店舗が中心だ。

長野市の市街地は南北に細長く、東から長野大通り、中央通り、県庁通りと、南北に3つのメインストリートが通っていて、岐阜市に似ていると思った。また、市街地の北端部に旧市街があり、南端部に鉄道の駅があり、中心街が徐々に南下しているというのも岐阜市と同じだ。

ここで、ちょっとマニアックな話題を。
長野市の中心部は、「大字長野」「大字南長野」「大字鶴賀」といった大字から成っていて、その中に「新田町」「末広町」「千歳町」といった普通の都市らしい町名が通称として存在する。ただし、実際は「長野市新田町」のように大字を省いて表記するのが一般的で、郵便番号も通称町名ごとに割り当てられている。
さらに、通称町名とは別に小字もあって、こちらは表記しないのが通例らしい。ということで、長野市の住居表示は市民からも「分かりづらい」と不評のようだ。


次回はこの中央通りを北上して善光寺に向かいます。

(続く)
関連記事

Comment

記事よく見ました。

松本に行くために中央東線を利用したが景色が非常に良かったです。 機会があるならば中央西線も利用してみたいですね。 ワイドビューしなのは乗ってみましたがうとうとするのに姨捨駅 周辺の絶景は見られませんでした^^;;

長野駅周辺を見ると以前長野旅行に行った思い出します。 事実長野は軽井沢を行くための中間経由地でしたが,軽井沢の宿泊費が高かったために駅付近ホテルで一日留まった所であるからその通り風景は記憶しています。 特にホテルで眺めた高い山の下の都市の夕方風景は忘れません。

中央線沿線は、東海道新幹線とはまた違った魅力がたくさんありますよね。特に、日本の屋根といわれる3000m級の山々は、なかなか平地では見ることができません。
そういえば長野にも行かれたんでしたね。私は初めてでしたが、門前町らしい穏やかな雰囲気が気に入りました。
「ちょっと遠回りな東京旅行」シリーズはまだまだ延々と続きますので(いつ完結するのか予測もつきません笑)、ごゆっくりお付き合いくださいませ。
Comment Form
公開設定

Trackback

ちょっと遠回りな東京旅行(2009.9) その2

(前回からの続き) 引き続き、長野のメインストリート・中央通りを北上する。 途中、昭和通り(国道19号)と交差する新田町・問御所町のあ...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。