大晦日の大阪街歩き・近鉄乗り倒しツアー【前編】弥刀からミナミへ

DSC03880RS.jpg
 ▲「これぞ大阪」なステレオタイプの光景。観光客で賑わう道頓堀・戎橋で。

昨年の大晦日は、近鉄電車が3日間全線乗り放題となる「新春全線フリーパス」(4000円)を利用して、大阪方面に遊びに行ってきた。と言っても、ノンストップのアーバンライナーで往復するだけでは芸がない。普通の人が立ち寄らなさそうな穴場を押さえてこそ“まっちの街歩き”流だ。
ということで、早朝5時過ぎに自宅を出発。近鉄名古屋駅6時10分発の急行鳥羽行き(2610系4両)に乗車したところから長い旅は始まった…。
DSC03759RS.jpg
 ▲津のあたりから東の空に真っ赤な朝日が見えてきた。初日の出ではなく、2013年のラスト日の出。

7時25分、名古屋から1時間ちょっとで伊勢中川駅に到着。名古屋・大阪・伊勢方面の結節点であり、乗換客で賑わう駅だ。高校生の頃は毎月のように近鉄で関西方面に出掛けていたもので、この伊勢中川駅もよく乗換で利用したのを思い出す。懐かしい。

続いて、伊勢中川駅から7時30分発の各駅停車名張行き(1253系VC55、2両)に乗車。急行・特急がすっ飛ばす区間をだらだらと各駅停車で進む、地元の人しか乗らなさそうなローカル列車だ。休日の早朝なのでガラガラに空いている。名古屋と大阪の中間地点にあたる青山峠のあたりは雪も積もっていた。

DSC03762RS.jpg
 ▲8時01分、途中の青山町駅で下車。奥に見えているのが、ここまで乗ってきた普通名張行き。
のどかな山間だが、周辺には大規模なニュータウンがあり、大阪の通勤圏の最東端にあたる駅だ。ここで後続(8時11分発)の急行大阪上本町行き(2410系W22+5200系VX04、計6両)に乗車する。
このまま乗って行けば1時間半ほどで大阪の都心にたどり着ける、長距離ながらも便利な通勤路線。普段は通勤客で混雑し、名張あたりからだと大阪まで立ちっぱなしを覚悟しなければならないのだが、この日は大晦日だけあってかなり空いている。大阪府目前の五位堂あたりからでも座れる程度だ。

DSC03764RS.jpg
 ▲9時13分、途中の河内国分駅で下車。大阪のベッドタウン的な、ちょっとだけ賑やかな駅。

ここで9時14分発の区間準急大阪上本町行き(1400系FC03+2410系W28、計6両)に乗り換える。ここまでの区間は田園風景や山林が混在するのどかな風景が多かったが、河内国分駅を過ぎるとさすがに大阪近郊らしく住宅地が続き、どの駅もそれなりに賑やかだ。

9時24分、途中の高安駅で下車。後続(9時31分発)の各駅停車大阪上本町行き(1420系VW21+2610系X18、計6両)に乗車する。それにしても、区間準急も各駅停車も6両というあたりが名古屋線とは違って、大阪近郊の利用者の多さを物語っている。

DSC03767RS.jpg
 ▲9時39分、東大阪市に位置する弥刀駅に到着。「弥刀」と書いて「みと」と読む。
待避線を完備しているが、停まるのは各駅停車のみ。特に観光地というわけでもなく、地元の人以外は滅多に降りないような、ローカルな下町の駅だ。ただ、いつも急行や特急で通り過ぎるたびに見える、下町情緒溢れる駅前風景がずっと気になっていたので降りてみたのだ。

DSC03850RS.jpg
 ▲弥刀駅東口。駅舎は東西両側にあるが、どうやらこちらがメインのようだ。

DSC03854RS.jpg
 ▲駅前からさっそくこんな感じ。弥刀駅前連合商店街というらしい。
パチンコ店の軍艦マーチと、威勢の良いおっちゃん・おばちゃんの声が心地良い。初めて来るのに、何だか無性に懐かしい街だ。それではちょっとだけ散策してみよう。

DSC03831RS.jpg
 ▲弥刀駅前から東に延びる商店街。ここも弥刀駅前連合商店街の一部なんだとか。
大晦日ということで閉まっているお店も多いが、人通りも多くそれなりに賑やかだ。円盤型の街路灯が昔っぽくていい。

DSC03810RS.jpg
 ▲ぶらぶら歩いていたら、こんなところにアーケード商店街を発見。金岡本通商店街というらしい。
かなちゃん通り」という愛称がもう何とも言えない。

DSC03795RS.jpg
 ▲金岡本通商店街。吸い寄せられるようにアーケードに入っていくと、そこには昭和レトロの空間が。
それでも、時代から取り残されることもなく、地元の人々から親しまれているのがよく分かる。クルマ社会の名古屋ではなかなかお目に掛かれない光景だが、大阪近郊にはこんな街がそこらじゅうにある。
この他にも、弥刀駅周辺には弥刀中央商店街、友井新町商店街などといった商店街が広がっていた。詳しくは“まっちの街歩き”ホームページでも紹介しているのでどうぞ。

DSC03771RS.jpg
 ▲1時間ほど散策し、再び弥刀駅に戻って来た。河内の街並みには近鉄電車がよく似合う。

さて、弥刀駅から10時55分発の各駅停車大阪上本町行き(2410系W12+1437系VW44、計4両)に乗車し、11時05分、鶴橋駅に到着。ここで、奈良方面からやって来た11時07分発の快速急行阪神三宮行き(阪神9000系9204F)に乗り換え、11時12分、大阪難波駅に到着。友人と合流し、大阪ミナミの街に繰り出した。

DSC03876RS.jpg
 ▲まずはミナミを代表する繁華街、道頓堀へ。予想通りというか何というか、観光客だらけ。
大阪には今までに幾度となく足を運んでおり、今回もわずか半年ぶりだったが、いつも鶴橋とか西成とか中津といったディープゾーンばかり訪れているので、ベタな観光地に来るのは実は20年ぶりくらいだったりする。

DSC03895RS.jpg
 ▲織田作之助の「夫婦善哉」で有名になった法善寺横丁。ひっそりとした雰囲気がいい。

DSC03903RS.jpg
 ▲そんな織田作之助が通い詰め、「夫婦善哉」にも登場した名店、自由軒難波本店へ。
難波センター街、ビックカメラの裏手に建つ小さなお店だが、ここの「名物カレー」は以前からずっと食べたいと思っていた。予想通りの大混雑で、30分ほど行列に並んでから店内へ。

DSC03901RS.jpg
 ▲これが自由軒の「名物カレー」(大)。
1910年(明治43年)の創業当時から続くこの名物カレーは、ご飯とカレーが最初から混ぜ合わされ、その上に生卵が乗っているという独特なスタイル。通常、卵は1つだが、「大」には2つ乗っているようだ。卵を混ぜ合わせることにより辛さがまろやかになり、酸味のあるウスターソースをかけることで味に変化も生まれる。あまりに混んでいて、落ち着かない雰囲気ではあったが、これが明治から続くメニューかと思うと何だか感慨深い。ごちそうさまでした。

DSC03907RS.jpg
 ▲さて、なんばグランド花月の前を通り、サウスロード千日前商店街へ。真ん中の建物、細っ!

DSC03917RS.jpg
 ▲難波から日本橋へ。堺筋沿いの電気街、通称「でんでんタウン」を南下。

DSC03937RS.jpg
 ▲そして、通天閣を中心とするエリア・新世界へ。これもまた「いかにも大阪」な光景。
新世界というと、もっと泥臭いイメージだったが、今やすっかり観光地となり、何だかテーマパークにでも来ているような気分。

DSC03931RS.jpg
 ▲通天閣の真下には、意外にもスギ薬局(本社:愛知県安城市)があった。
東海地区ローカルの薬局だと思っていたが、最近は大阪にも多数店舗を進出させているようだ。しかし、こんな一等地にまで店舗を構えるなんて。やるな、スギ薬局。しかし、コテコテな大阪を楽しんでいたつもりが、一気に日常に引き戻されたようだ。

DSC03962RS.jpg
 ▲最後に、新世界と飛田方面を結ぶ商店街、ジャンジャン横丁へ。
一昔前、ジャンジャン横丁といえば治安が悪い、いかがわしい街というイメージだったが、今ではすっかり家族連れでも安心な観光地に生まれ変わっている。これを良いと捉えるか、悪いと捉えるかは難しい。東京・新宿の思い出横丁を訪れたときにも同じことを感じたが、有名になり過ぎるとどうしても俗っぽくなってしまう。ディープな雰囲気を期待するのであれば、無名な地方都市のうらぶれた歓楽街を訪れた方が良いのかもしれない。

さて、この後は、日本一の高層ビル・「あべのハルカス」で話題沸騰中のあべの橋まで歩き、再び近鉄電車乗り倒しの旅に出ます。
(続く)
関連記事

Comment

今年初コメント、失礼します!

近鉄って全線フリーのきっぷがあったんですね~。
これまで近鉄は特急に乗るばかりで巡ったことはほとんどなく、
いつかは巡ってみたい、と思いながら時間ばかりが過ぎています。

中でも、今回紹介されている弥刀は目を付けていた駅でした。
やっぱり駅周辺の下町っぽさがイイな、と思ったからですね。
あと、ここ自分の実家から結構近いんですよね。「なら行けよ」って感じですが。
今回の記事を拝見して、やはり思ったとおりの素敵な下町だということが分かりました。
昭和丸出しのアーケード商店街に強く惹かれましたね。
これは行かねばなりますまい…。

>ねじまきさん

弥刀に目を付けられていたとは、さすが「懐かしい風景を求めて」いらっしゃるだけのことはありますね。
しかもご実家から近いということなら、もう行くしかないですよね。
ここから少し離れた友井とか大蓮にも商店街があるようで、意外と面的な広がりを持った街みたいです。
あと、今回のフリーきっぷは正月限定みたいですよ。
学生時代に貧乏旅行でよく利用していたので、割と馴染み深いフリーきっぷです。

近鉄の新春フリーパスにはお世話になりました。年末年始の終夜運転に乗れるというのも魅力の一つですね。
旅行にしか近鉄を使ったことのない私にとっては、転換クロスシートの5200系は近鉄の一般車の中でのオアシスです。

>迷いネコさん

迷いネコさんは本当にフリーパスの類をフル活用してますよね。私なんか、3日使えるのに1日使っただけですから…。
今回は大晦日ということで、大阪線の急行も転クロで空いていて快適でした。青山町から国分という短い区間しか乗らなかったのが勿体ないですね。
Comment Form
公開設定

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。