夜の広島・横川、平和にぶらぶら街歩き

P1080095RS.jpg
 ▲ライトアップされた夜の原爆ドーム。こうして楽しく街歩きができるのも、平和なればこそ…

前回の記事では、珍しいのりものを体験すべくはるばる郊外まで足を延ばしたが、その後は再び広島の中心部に戻ってきた。瀬野駅からJR山陽本線に乗り、やって来たのは広島駅ではなくその一つ先の横川駅5年前に訪れた群馬県の横川駅は「よこかわ」と読むが、こちらは「よこがわ」と読む。
横川は都心への第二の玄関口ということで、名古屋の金山京都の山科によく似たポジションの街である。さらに、ポジションが似ると街の雰囲気も似てくるのか、駅前の(良い意味で)ゴミゴミした感じも金山や山科に非常によく似ているようだ。
P1070985RS.jpg
 ▲JR横川駅。そう言えば名古屋の金山駅も京都の山科駅も、こんな感じの骨っぽい天井だった気がする。

ここで路面電車に乗り換えて再び広島の中心街を目指すつもりだったが、せっかくなので、ちょっとだけ横川の街も散策してみることにした。

P1070981RS.jpg
 ▲まずは横川駅前から東に延びる、全蓋式アーケードの横川くろすろ~ど商店街
ネーミングも雰囲気も(良い意味で)怪しげな商店街だが、駅に近いこともあってまあまあ賑わっている。

IMG_0275RS.jpg
 ▲横川くろすろ~ど商店街。全長50mほどの短い商店街だ。庶民的な雰囲気がいい。

P1070998RS.jpg
 ▲くろすろ~ど商店街を抜けると、さらに星のみち商店街が続いている。
こちらも全長100mほどの短い商店街。可愛らしいネーミングとは対照的に、猥雑でゴチャゴチャした街である。

P1080003RS.jpg
 ▲星のみち商店街。この雰囲気は京都の山科にそっくりだ。
本通りあたりの洗練された商店街よりも、こちらの方が味があって好きだ。

P1070991RS.jpg
 ▲横川駅の東側から南へ延びる横川本通り商店街
こちらは綺麗に整備された商店街。市内の一拠点に過ぎないながらも、様々な顔を併せ持っている、横川は実に魅力的な街だ。

IMG_0277RS.jpg
 ▲再び横川駅に戻って来た。JRの駅の正面にある、路面電車(広電)の横川駅電停へ。
ここから7号線の路面電車に乗る。7号線は横川と都心を直結するショートカット路線で、可部線方面から来る人はわざわざ広島駅まで出るよりもこちらで乗り換えた方が便利だ。名古屋で例えるなら金山と栄を結ぶ名城線のような存在である。
7号線の途中には「別院前」という地味な電停があった。これまた名城線の東別院駅を連想させる。

P1080026RS.jpg
 ▲15分ほどで中心街の本通電停に到着。鯉城通りの夜景が綺麗だ。

そして、昼間に訪れたときは西端の一部を通っただけの本通商店街を、改めてじっくりと歩くことに。
P1080035RS.jpg
 ▲本通商店街。広島を代表する、いや、中国地方を代表する繁華街に相応しい賑やかさだ。
今回は時間の都合で行けなかったが、この通りのさらに裏手にも金座街やえびす通り、並木通りといった商店街が縦横無尽に広がっている。人口規模以上に、圧倒的なパワーを感じさせる都市だ。

P1080054RS.jpg
 ▲堀川町交差点に架かる、ど派手なキリンビールの看板のアーチ。
ここをくぐると、がらっと街の雰囲気が変わる。広島最大の夜の歓楽街、流川(ながれかわ)・薬研堀(やげんぼり)だ。連休初日の夜ということで、賑わいは最高潮に達している。

P1080060RS.jpg
 ▲流川通りと薬研堀通りの間を通る中新地通り
本当はもっと賑やかでネオンがギラギラ眩しいところもいっぱいあるのだが、あまり堂々とカメラを構えづらい場所柄なので写真はこれだけ。

そろそろ疲れてきたので、流川にほど近い胡町(えびすちょう)電停から路面電車で再び原爆ドーム前へ。
P1080070RS.jpg
 ▲夜の平和記念公園・原爆ドーム
先ほどまでの喧噪とは打って変わって、静かな空気が漂っている。人混みから離れたせいか、風がとても涼しくて爽やかだ。遊覧船がゆったりと行き交い、どこからともなく弾き語りの声が聞こえてくる。ああ、平和なんだなと感じる瞬間だ。この平和が永遠に続くことを祈るばかりだ。


 ▲原爆ドーム前から路面電車「グリーンライナー」に乗車。
動画は先ほど乗った胡町の電停付近。車内も大混雑だがホームも大変なことになっている。人が道路にあふれ出しそうだ。よくこんな状態で事故も無くやっているものだと感心する。

大阪や名古屋などの大都市が、かつて市電をばっさり全廃してしまったのは勿体ないと感じるものだが、都市規模が大きいと路面電車では捌きにくくなるのも事実だろう。ノスタルジックで風情があって良いものだけれど、せいぜい富山や長崎くらいの都市規模が、路面電車にはちょうど良いのかもしれない。

P1080104RS.jpg
 ▲最後に「てっぱん家」的場店で広島名物・お好み焼をビールとともに。ごちそうさまでした。

ということで、一日中歩きまくり、乗りまくりの充実した広島旅行はこれでおしまい。段原一丁目電停近くのホテルに宿泊し、翌日は岡山に向かいます。
(続く)
関連記事

Comment

横川ってこんなになってるんですね…。
長らく見ない間に変わるもんです。
JR駅前の骨組みも無かったですし、広電の横川駅前電停は道路の真ん中にホームがあるだけの簡素なものだったんですが。。。
因みに当時は横川からは江波に向かう8番線しか走ってませんでした。
いろいろと便利になってるようですね。

当時は商店街にそんな興味がなかったので何とも感じてませんでしたが、
改めて写真を拝見すると、なかなか良いなぁ、と思いました。

>ねじまきさん

何気ない日常の風景ですが、人情味を感じさせて良いですよね。
私は下町育ちということもあって、こんな風景が大好きです。

横川駅は10年ほど前にリニューアルされて、そのときに広電の7号線も走り始めたようです。
これがもとで利用者がぐんと増えたようで、街の雰囲気も変わったのでしょうね。
名古屋の金山も、20年ほど前の再開発から急発展したようですし、横川も今後さらに変わるかもしれません。

横川から路面電車なんてほとんど乗ったことありません

バスの方が紙屋町まで同じ150円で早くつきますから

>yyさん

情報ありがとうございます。安くて速ければそれに越したことは無いですね。
そうすると路面電車の存在意義は何なんでしょうか…

路面電車

よそから来た人にも分かり易い
Comment Form
公開設定

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。