魅力いっぱい、台北の街歩き

P1130415RS.jpg
 ▲台北の下町・萬華エリアの梧州街。やっぱり街歩きは庶民的な下町が最高だ。

引き続き台湾旅行の2日目。
昼過ぎには九份から台北の市内に戻ってきて、モンゴル式焼肉の店「大戈壁」で昼食をいただき、茶芸店「茶樂」で烏龍茶のお土産を買ってから再びホテルへ。そして午後は、MRT(捷運)と呼ばれる地下鉄を活用し、台北市内の街歩きへ繰り出した。
まずはホテルから徒歩で、最寄りの雙連駅へ。捷運(地下鉄)の真上には「中山地下街」という地下街が台北駅まで続いていて、さらにその上の地上は線路の形に沿って細長い公園になっているようだ。
P1130717RSS.jpg
 ▲「捷運線形公園」というらしい。ストレートなネーミングだ。

地下鉄は本数も多く、乗り方も日本の地下鉄と全く同じ。運賃も安く車内も快適だ。台北で市内観光をするならぜひ活用したい。
さて、3つ目の台大醫院駅で降り、最初に向かったのは中華民国総統府
P1130167RS.jpg
ここは、かつて日本が台湾を植民地としたときに「台湾総督府」として造った建物。現在は中華民国政府の中枢として使われているようだ。
当時、列強の仲間入りを果たしたかった日本が国力を見せ付けるため、やたらとゴージャスな外観になっている。さらに上空から見ると日本の「日」の字の形をしているらしい。

P1130172RS.jpg
 ▲総統府の北側を通る宝慶路沿いには、台湾銀行や中央銀行などの重厚感ある建物が並んでいる。

このときは、太陽が出ていたにもかかわらずあいにくの雨。幸い30分ほどで止んだものの、ミストサウナのような状態でたまらない蒸し暑さに。近くにあったコンビニに駆け込み、雨と暑さをやり過ごしてしばし休憩することに。

P1130181RS.jpg
 ▲コンビニで買った「杏仁茶」。杏仁豆腐をそのままジュースにしたような味だが、若干香料がきつくてエステルっぽいにおいがする。

ちなみに台湾で見かけるコンビニは、日本でもおなじみのセブンイレブンファミリーマート(全家)、OK(サークルKのことか?)、そして台湾資本のHi-Lifeの4種類が中心だ。このうちセブンイレブンとファミリーマートは非常に多く、交差点ごとにあったりする。
雰囲気は日本のコンビニとほぼ同じだが、どの店でも烏龍茶で煮た茶色い卵が売られている。これが元で、店内には漢方のような独特のにおいが立ちこめている。

P1130193RS.jpg
 ▲続いてやって来たのは西門町
台北一の繁華街にして流行の発信地でもあるこの街は、「台北の原宿」と紹介されることが多い。

P1130207RS.jpg
 ▲街の雰囲気もどことなく原宿や渋谷に似ている。

P1130271RS.jpg
 ▲こんな魅力的な路地がいっぱい。治安はそれほど悪くはなさそうだ。

気ままに散策したりショッピングを楽しんだ後、今度は萬華という下町エリアを目指した。そろそろ日が暮れて、台湾名物の夜市が賑わい始める頃だ。

P1130335RS.jpg
 ▲西昌街夜市
若者が多い西門町に対して、このあたりは下町情緒が溢れ、歩いている人の年齢層も高めだ。食べ物の屋台と衣類の屋台がごちゃ混ぜに並んでいて、雰囲気は韓国の市場にも似ている。

P1130363RS.jpg
 ▲萬華エリアの中心に位置する龍山寺。観光客が多い。

P1130373RS.jpg
 ▲廣州街夜市
食べ歩き、飲み歩きをしながらの散策がとても楽しい。あちこちから美味しそうなにおいが漂ってくるが、ときどき凄まじい腐敗臭がするのはどうやら臭豆腐のようだ。

P1130395RS.jpg
 ▲華西街夜市
萬華エリアの夜市の中ではここがメインとなる。全蓋式アーケードが設置されていて、普通の衣料品店から、毒蛇やスッポンを扱うお店、アダルトショップなどなどがごちゃまぜに並び、混沌とした雰囲気を醸し出している。

萬華エリアの街歩きはここらで切り上げて、地下鉄の龍山寺駅へ。この駅の地下街には飲食店が何軒もあり、どの店でも舞台で演歌のようなのを歌っている人がいて、お年寄りたちがそれを聞きながら食事をしたり社交ダンスを踊ったりしていた。何の歌か知らないが、日本語の歌も聞こえてきた。
ということで、龍山寺駅から地下鉄で8つ目の市政府駅へ移動。先ほどとは打って変わって、こちらは「信義新都心」と呼ばれる新しい街だ。

P1130447RS.jpg
 ▲市政府駅。台北の地下鉄にはこのようにダイナミックな吹き抜け構造の駅が多い。

駅前の統一阪急百貨店の中を通り抜け、巨大なビルの建ち並ぶ新しい街並みの中を15分ほど歩き、最後にやって来たのは台北101という超高層ビル。
P1130463RS.jpg
高さ509.2mで、2004年の竣工当時から2007年までは世界一高いビルだった。エレベータ(上り)も時速約60kmで、当時は世界最速だったという。
さて、展望台への入口は高層棟ではなく、隣接する商業棟の5階にある。そしてこの商業棟には、ルイ・ヴィトンやディオール、カルティエといった高級ブランドショップが軒を連ねている。何から何まで名古屋のミッドランドスクエアにそっくりだ。

では、展望台からの夜景をお楽しみください。
P1130612RS.jpg
 ▲西、台北駅方面。

P1130627RS.jpg
 ▲北、市政府駅・信義新都心方面。

この後は、満員の地下鉄で雙連駅まで戻り、駅前の「老董牛肉細粉麺店」というお店で牛肉の春雨麺と小籠包をいただき、長い一日が終了。お疲れさまでした。
P1130705RS.jpg
 ▲2日目の夕食。

さて、明日はいよいよ最終日です。
関連記事

Comment

臭豆腐~

臭豆腐のにおいは強烈ですよね。
あの「ウ○チ」みたいなにおい(失礼)で、さすがに食べれる気がしません。
まっちさんは食べました?

>迷いネコさん

お久しぶり。
屋台料理にはいろいろ挑戦してみたかったんですが、帰国翌日からいきなり仕事だったので、リスク管理という意味合いで無難そうなものしか食べてません(^^;;
Comment Form
公開設定

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。