「とでん」で「ごめん」

昨日も紹介したが、高知の街には路面電車が走っている。土佐電鉄、通称「土電(とでん)」だ。
人口30万人程度の地方都市にしては本数はかなり多く、休日の昼間でも4分間隔程度で走っている。200万都市にありながら休日は10分に1本しか来ない名古屋の地下鉄鶴舞・桜通線にはぜひ見習ってほしいものだ。

さて、はりまや橋商店街にほど近いデンテツターミナルビル前の電停から、さっそく文珠通行きの路面電車に乗車。

P1110351RS.jpg
 ▲やって来たのは1963年製の600形628号。昔の電車らしく、車内はどことなく油のにおいがする。
吊り掛けのモーターを唸らせながら、時折ひと昔前のアニメの効果音のようなミュージックホーンを鳴らしつつ、道路の真ん中をガタゴトと進む。

続きを読む...

スポンサーサイト

龍馬の足跡を訪ねて~その2

桂浜から再びバスで高知の中心部に戻り、引き続き土佐藩ゆかりの史跡を巡ることにした。もちろん、郵便局や商店街も巡りつつ…。

P1100963RS.jpg
 ▲まずは、上町(かみまち)の電車通り沿いにある坂本龍馬の誕生地へ。
現在は病院になっていて、建物の前に石碑が建っていることを除けば何の変哲もない街中の風景だ。

続きを読む...

龍馬の足跡を訪ねて~その1

高知旅行の二日目。
今朝は高知市の中心部から30分ほど路線バスに揺られ、桂浜にやって来た。月の名所として、そして坂本龍馬ゆかりの地として知られる、高知随一の景勝地だ。

P1100765RS.jpg
 ▲桂浜といえば坂本龍馬像

続きを読む...

土佐の高知のはりまや橋へ

宇多津の街ではあまりにゆっくりし過ぎたため、行く予定だった郵便局2局のうち1局しか行けず、駅まで走って戻るハメになってしまった。機会があればぜひまたゆっくりと訪れたい街だ。
さて、宇多津から特急南風号に乗ること2時間。雪の残る大歩危峡を通り過ぎ、今日の最後の目的地、高知にやって来た。同じ四国でも香川県にはもう数え切れないほど来ているが、高知県はこれが初上陸だ。

P1100526RS.jpg
 ▲2008年に高架化されたJR高知駅。屋根は半円形のアーチ状で「くじらドーム」と呼ばれている。
一番右の1番線に停まっているのが、宇多津から乗ってきた特急南風号だ。

続きを読む...

新旧二つの顔を持つ街・宇多津(うたづ)

昨夜は三本松駅から親戚宅へ。三本松駅前ではロータリーの工事が始まっていて、駅前にあったはずの予備校の建物がいつの間にか無くなっていた。

さて、今日は親戚宅からJR高徳線と予讃線を乗り継ぎ、香川県綾歌郡宇多津町(うたづちょう)というところにやって来た。
坂出・丸亀という主要都市に挟まれており、高松にもほど近く、さらには瀬戸大橋もあることから、四国の郡部とは思えないほど発展が著しい街だ。特に、瀬戸大橋開通の直後はバブル景気と重なったこともあり、塩田跡が次々と再開発されていき、四国で最も高いゴールドタワーなんていうビルも建っている。
現在はやや落ち着いているものの、それでも人口増加率は県内トップをキープしている。小雨が降って寒い今日も、街からは熱いオーラが出ている。

P1100264RS.jpg
 ▲JR宇多津駅。昨日訪れた児島駅に似た、新幹線の駅のような雰囲気だ。
このあたりの予讃線は、瀬戸大橋の開通と時を同じくして線路の移設が行われ、この宇多津駅も南西に1kmほど移転している。そして現在の宇多津駅周辺には、塩田跡に開発された「新宇多津都市」が広がっている。

続きを読む...

バスで行く瀬戸内の離島3・与島(よしま)

バスで行く瀬戸内の離島シリーズ、最後にやって来たのは今日の中で最も大きな島、与島(よしま)だ。
人口は142人しかいないが、高速道路のパーキングエリアや瀬戸大橋フィッシャーマンズ・ワーフなどの施設があり、また一般車で訪問できることもあって、3島の中では最も産業が発達しているようだ。

塩浜のバス停からのどかな丘の道をしばらく歩き、まずは島の中心集落・浦城(うらじょう)地区へ。櫃石島や岩黒島と比べると建物は多いものの、廃屋も多くてちょっと物悲しい。

P1090993RS.jpg
 ▲浦城地区の入り組んだ路地で。巨大な瀬戸大橋がどこからでも見える。
この集落の中ほどにある坂出与島郵便局で、局員さんと談笑しながら本日最後の貯金。瀬戸大橋のイラストの付いた宝印だった。
他にお客さんがいなくてひっそりとしていたが、広々として由緒ありそうな局内だった。

続きを読む...

バスで行く瀬戸内の離島2・岩黒島(いわくろじま)

櫃石島からまたバスに乗り、次にやってきたのは岩黒島(いわくろじま)。3つの有人島の中では最も小さくて、人口はわずか94人だ。

P1090714RS.jpg
 ▲岩黒島のインターチェンジ。
櫃石島と違ってかなり小規模で、しかも南行の車線にしかない。つまり本州方面からの出口と四国方面への入口しか利用できないので、逆方向に利用したいときは櫃石島や与島でUターンすることになる。さらに、このインターチェンジは大型車の通行ができないので、バスは高速道路上のバスストップに停車する。
このループ橋は島内のどこからでも見えて、島のシンボルのような存在になっている。

続きを読む...

バスで行く瀬戸内の離島1・櫃石島(ひついしじま)

P1090690RS.jpg
 ▲岡山県の児島と香川県の坂出を結ぶ、ご存じ「瀬戸大橋」。
途中には、櫃石島(ひついしじま)岩黒島(いわくろじま)与島(よしま)という3つの有人島があり、パーキングエリアのある与島だけは一般の自家用車でも上陸できることが知られている。ところが、残りの櫃石島・岩黒島にもインターチェンジが設けられているのは意外と知られていない。それもそのはず、島民や緊急車両しか通ることができない、専用の出入口だからだ。

そんなわけで、これらの島を訪れるには路線バスに乗るのが唯一の手段である。バスで島を訪れるというのも珍しい経験だが、今日はこれらの島々をゆっくりと巡ってみよう。

続きを読む...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。