帰ってきました

昨夜、長い旅から無事に帰ってきました。
今回は往復とも飛行機ではなくフェリーを利用し、滅多に経験することのできない風情ある旅になったと思います。

P1510908RSS.jpg
▲帰りのフェリーから眺めた、早朝の門司の街並み

続きを読む...

スポンサーサイト

韓国に来ています

突然ですが、こちらは現在、大韓民国大邱(テグ, 대구)にいます。

東城路
市内一の繁華街、東城路

中央地下商街
東城路の近くにある地下街(中央地下商街)

泛魚駅前
ホテルのある泛魚(ポモ)駅の近く

続きを読む...

次回更新の予告-09.12.14

“まっちの街歩き”、久々の更新となる次回は、名古屋市から以下の4つのまちを紹介する予定です。
今まではどちらかと言うと下町の方面が多かったですが、今回は山の手エリアになります。
(※あくまで予定ですので、変更になる場合があります)

続きを読む...

ちょっと遠回りな東京旅行(2009.9) その13~電車で東京めぐり編

(前回からの続き)

堀切菖蒲園駅から京成線の上野行きの普通電車に乗り、12時08分、町屋(まちや)に到着した。

京成町屋駅の階段
京成町屋駅の、ホームから改札へ降りる階段で
階段を下りる人は左側、上る人は右側を通行しろということなのだろうが、あちら側から見れば上りが左側通行ではないか?
と思って反対側から見てみたら、「上り 左側通行 | 下り 右側通行」と書いてあった。全くもってどうでもいいことなのだが。

続きを読む...

二つの顔を持つ街・四日市~JR編(2009.11.21)

先日、高校時代の友人に会うため、三重県の四日市を訪れた。
弥富駅からJR関西線の普通電車に乗り、四日市駅には待ち合わせの約束よりも1時間あまり早い7時48分に到着した。
P1440958RSS.jpg
JR四日市駅

四日市には、JRの「四日市駅」と「近鉄四日市駅」があり、両者は1kmほど離れている。しかし、単純に「四日市駅」と言った場合、通常は近鉄の方を指す。
三重県内の鉄道事情はほとんど近鉄の天下と言ってもよいくらいで、本数が少なくて不便なJRは苦戦を強いられている。もちろん、JRもただ手をこまねいているわけではなく、最近はダイヤが改善されつつあり、区間によっては近鉄より運賃が安いことから、徐々に利用者は増えつつある。
そうは言っても、四日市の市街地は近鉄の駅を中心に形成されており、JR四日市駅の周辺は今や「街外れ」となっている。

続きを読む...

ちょっと遠回りな東京旅行(2009.9) その12~立石バーガー編

(前回からの続き)

東京都葛飾区、京成堀切菖蒲園駅の近くにある、一軒のハンバーガーショップにやって来た。
ハンバーガーショップと言ってもマク○ナルドやモ○バーガーのようなチェーン店ではなく、個人経営の小さなお店だ。その名も
立石バーガー
立石バーガー。
オープン当初はここから2kmほど南東の立石という街にあったことからその名が付いたらしい。なんとも投げ遣りなわかりやすいネーミングである。
実はこのお店、今年の8月にテレビ朝日系の「ナニコレ珍百景」という番組で紹介されていたのだが、それを見て以来ずっと気になっていて、東京に行ったときはぜひ行ってみようと思っていたのだ。わざわざ堀切に来たのはほとんどそれが理由だった。

続きを読む...

ちょっと遠回りな東京旅行(2009.9) その11~堀切編

(前回からの続き)

金町の街を散策した後、のどかなローカル線、京成金町線の電車に乗った。
京成金町駅9時31分発の高砂行きは、平日の朝という割には空いていて、本当にのんびりした雰囲気だ。たった3駅の短い路線なので、終点の高砂には5分ほどで到着した。

高砂から今度は京成本線の各駅停車上野行きに乗り換えた。
やって来たのは3300形というかなり年季の入った車両。しかもたったの4両編成だ。東京といえば10両編成くらいのステンレス製で真新しい車両がひっきりなしに走っているイメージが強いが、こんなところもあったのかと、妙に安心感を覚えた。
高砂から3つ目の堀切菖蒲園(ほりきりしょうぶえん)駅には、9時45分に到着した。ここもまだ金町と同じ葛飾区内だ。
駅名の通り、菖蒲園で有名なところで、毎年初夏の花菖蒲の時期には多くの来客で賑わうという。しかし、時期外れの今はごく普通の下町の風景だ。

堀切菖蒲園クローバー商店街
堀切菖蒲園駅のすぐ南側に広がるクローバー商店街。4つの通りからなる商店街(それでクローバーというわけか)で、写真は京成線の高架のすぐ南側の通り。

続きを読む...

ちょっと遠回りな東京旅行(2009.9) その10~金町編

(前回からの続き)

2009.9.25
長かったように思えるこの旅行も、ようやく3日目。この日は新宿のホテルを早朝に出発し、JR新宿駅に向かった。

新宿東口中央通り
朝6時過ぎの新宿東口中央通り
賑やかな新宿も、こんな時間は人通りもなくひっそりとしている。ただ、あちこちから生ゴミのようなあるいは吐瀉物のようなにおいが漂ってきて、深夜の喧噪の余韻を感じさせる。
奥に見える不思議な形のビルは、モード学園コクーンタワー。名古屋のモード学園スパイラルタワーズは毎日のように眺めているが、こちらは昨年出来たばかりで、初めてお目にかかった。

さて、この日はまず、葛飾区の金町(かなまち)というところに向かった。
金町という名前を聞いてもピンと来ない人が多いと思うが、寅さんで有名な柴又と、両さんで有名な亀有の、ちょうど中間に位置する街だと言えば、なんとなくイメージが掴めるだろう。東京23区の北東の端に位置し、付近一帯はいかにも典型的な下町だ。
実は、金町には以前にも何度か来たことがあり、比較的馴染み深いところなのだが、ここ数年ずっと来ていなかったので、久々に行ってみようと思ったのだ。

続きを読む...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。