2013夏・韓国【6】 完結編!大邱からソウル・江南へ、グルメの旅

DSC00993RS.jpg
 ▲「江南スタイル」で一躍有名になった、ソウル・江南(カンナム)の街並み。
漢江(ハンガン)の南側に位置することから名付けられたこの街には、旧市街の江北とは全く異なる景観が広がっている。

6回に渡って紹介してきた韓国旅行シリーズも、いよいよ今回が最終回。真夏の記事なのに、いつの間にかもう年末になってしまった。
さて、前回の記事から続く大邱最後の夜は、とある名物料理を食べに行くことになった。

続きを読む...

スポンサーサイト

2013夏・韓国【5】 日韓友好の村、再び―大邱・友鹿洞と寿城池へ

DSC00881RS.jpg
 ▲3年半ぶりに訪れる友鹿洞(ウロクトン)。穏やかな山並みが連なる風景。
彼の人物がここを終の住処として選んだのは、どこか故郷・日本の風景に似ていたから、かもしれない。

韓国旅行シリーズもいよいよ3日目の後半。前回の記事で紹介した倭館から大邱に戻ってきた後は、3年半前にも訪れた友鹿洞(ウロクトン)を再び訪れることにした。
以前の記事でも紹介したが、ここは、豊臣秀吉による朝鮮侵略に参戦しながらも「やっぱりこんな不義の侵略には従えない」と朝鮮側に投降し帰化した日本人武将、沙也可(さやか)が定住した土地である。金忠善(キム・チュンソン)という朝鮮名を賜った彼は、大邱郊外に位置するこの村で静かに余生を過ごしたといわれ、また現在も彼の子孫たちがたくさん暮らしているという。

さらに、ここ大邱にはもう一つ日本人にゆかりのあるスポットがある。大邱の中心街から友鹿洞に向かう途中にある寿城池(スソンモッ)だ。今からおよそ100年前、当時日本の植民地だったこの大邱で、干ばつや洪水に苦しむ人々を救うため、開拓農民の水崎林太郎という人物が造った人工池である。彼はその後、72歳で亡くなるまで地元の人たちと協力し、この地域の農業の発展に尽力したのだという。

有名な観光地が少ないと言われる大邱だが、日本人としてどちらもぜひ見ておきたいところである。ただ、その前にまずは大邱の中心街をしばらく散策してみることにしよう。

続きを読む...

2013夏・韓国【4】 地方都市「大邱」と田舎町「倭館」の日常を歩く

DSC00649RS.jpg
 ▲漆谷郡(チルゴクグン)倭館邑(ウェグァンウプ)の中心街、倭館市場での一コマ。
外国人観光客が訪れることなどまず無さそうな、ごく普通の韓国の田舎町の光景だ。

前回から続く3泊4日の韓国旅行シリーズ。真夏の記事なのに、のんびり書いていて冬になってしまったが、今回はいよいよ3日目。韓国第三の都市・大邱(テグ)のホテルに泊まった翌朝は、大邱から北西に20kmほど離れた洛東江(ナクトンガン)沿いの街、倭館(ウェグァン)に行ってみることにした。
ここは観光地でも何でもない。単なるベッドタウンだ。大ざっぱな例えをすれば、日本に来た外国人観光客が名古屋に泊まった翌朝、よりによってわざわざ弥富に行くような感覚である(距離的にも、都市規模的にもちょうどそれくらいだが、こちらは内陸に位置する)。
では、なぜわざわざそんなところに行くのか。それは純粋に、韓国の日常風景に興味があったからである。初めて韓国に来たとき、最初に安養を訪れたのも同じ理由だ。外国人向けに飾り立てられたソウルの街並みよりも、こういう普通の街でこそ素顔の韓国に出会えるし、何よりそれが海外旅行の醍醐味だと私は思うのだ。

続きを読む...

2013夏・韓国【3】 世界遺産・慶州の仏国寺、石窟庵、そして大邱へ

DSC00410RS.jpg
 ▲韓国屈指の古刹、仏国寺(プルグクサ)で。
手前に見える泛影楼(ポミョンル)と、奥に見える紫霞門(チャハムン)の連なる姿が見事。

前回の記事から続く、韓国旅行シリーズの第3回。
2日目となる7月26日(金)の午後は、慶州郊外にある世界遺産の仏国寺(プルグクサ)にやって来た。ここもまた3年半前に来たことがあるが、そのときの記事にも記した通り、韓国では修学旅行先の定番として知られるメジャースポットである。
さらに、この仏国寺の奥には石窟庵(ソックラム)というもう一つの大きな見どころがある。ただ、仏国寺から片道7.5kmの山道を登った先にあり、前回の訪問時は時間が無くて断念したのだ。ぜひ今回こそは行ってみたかったのだのだが…。

続きを読む...

2013夏・韓国【2】古都・慶州へ、旅情あふれる鉄道の旅

DSC00309RS.jpg
 ▲新羅時代の7世紀に造られた庭園、雁鴨池(アナプチ)。百日紅の花が美しい。

前回から続く韓国旅行シリーズの2日目、7月26日(金)。
この日は朝早くからホテルを出発し、高速鉄道「KTX」のソウル駅に向かった。首都ソウルから約280km離れた韓国南部の古都、慶州(キョンジュ)に向かうためだ。新羅(紀元前57年~935年)の都として栄えた、日本で例えるなら京都か奈良のような存在の街だが、ここを訪れるのは2009年12月以来2度目、約3年半ぶりとなる。

続きを読む...

2013夏・韓国【1】 旅の初日は4年半ぶりの昌徳宮と南大門へ

DSC00012RS.jpg
 ▲朝鮮王朝の王宮「昌徳宮」の庭園、後苑(秘苑)で。

しばらく更新が滞っていました。ここ最近は、韓国、高山・松本、南伊那、和歌山、軽井沢と旅行三昧の数ヶ月間だったので、これからまた少しずつ更新していきます。

さて今回からは、去る7月25日~28日の3泊4日の韓国旅行について紹介していこう。韓国を訪れるのは、2011年8月以来、約2年ぶり、4度目になる。ちなみに前回の記事で紹介した沖縄旅行のたった2週間後のことである。

早朝に自宅を出発し、中部国際空港から9:15発大韓航空KE752便(Boeing777-200)に搭乗。ゲート番号が見慣れない3ケタの数字なので、何かと思ったらまさかのオープンスポット(バスで移動し、屋外から階段を上がって搭乗するアレのこと)。オープンスポットは2011年の冬に高知空港で経験して以来、約2年半ぶりだ。ちなみにセントレアでは初めての体験。
そして、飛行機は四日市、近江八幡、福知山、倉吉、浦項、安東河回村、忠州、烏山、霊興島などの上空を順調にフライトし、仁川国際空港には11時過ぎに到着した。

続きを読む...

韓国の鉄道サウンドコレクション

P1150051RS.jpg
 ▲ソウル地下鉄1号線、KORAIL(左)とソウルメトロ(右)の車両。南営(ナミョン)駅で。

備蓄していた過去のネタから。昨年夏の韓国旅行のとき、列車の車内放送や駅の案内放送を収録したファイルが出てきたので紹介します。マニアックなネタですがどうぞ。

赤字で書かれている部分は全て日本語訳を表しています。

続きを読む...

超便利!ソウル駅都心空港ターミナル(KARST)利用のススメ

先日の記事でも書いたが、今回の韓国旅行では帰国当日にソウル駅都心空港ターミナル(KARST)を利用した。
P1140790RS.jpg
 ▲画像はイメージ(짤방)です(8月27日、名古屋・中部国際空港で)。

2010年末にオープンしたこの施設では、空港に向かう前に便利な都心で、前もって搭乗手続きと出国審査をすることができる。あまり知名度が高くないためかガラガラに空いているので、ここを利用すれば空港のチェックインカウンターや出国審査場で長い行列に並ばされることがなくなる。もちろん手荷物も託送してくれるので、重い荷物を空港まで運ばなくて済む。さらに、手続き後は空港に戻るまで自由に外出できるので、身軽な状態でたっぷりと市内観光に行ける。旅行最終日にソウル市内近郊を観光したい場合はぜひお勧めしたい。

ただし、主な注意点が3つ。
まず、都心空港ターミナルを利用できるのは、仁川空港発大韓・アシアナ・済州航空便を利用する場合のみということ。金浦空港からの便には利用できないし、仁川発でも他の航空会社の便には利用できない(コードシェアを検討してみるのも良いだろう)。
次に、ソウル駅から仁川国際空港駅まで、空港鉄道の直通列車で移動するのが条件ということ。リムジンバス等で移動する場合はやはり利用できない。また、空港鉄道には直通列車(途中ノンストップ)の他に各駅停車(日本語では「通勤列車」と案内)もあるが、直通列車の利用者のみが対象。先に乗車券を購入し、チェックインの際に提示する必要がある。
最後に、手続き可能な時刻は当日朝の8時から飛行機出発時刻の3時間前まで(チェックインカウンターは朝5時20分から開いているが、出国審査場が8時からしか開かないため)。なので、基本的に午後便を利用する人が対象となる。

詳しい利用法はコネストの記事などを参考にしていただくことにして、ここでは大まかな利用法と、今回利用して気付いた留意点などを簡単に紹介しておこう。(2013年8月一部加筆訂正)

※ここに掲載している情報は2013年8月時点のもので、現在は変更されている可能性があります。詳しい情報はご自分で確認なさってください。いかなるトラブルがありましても、当ブログとしては責任を負いかねます。

続きを読む...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。