バスで行く瀬戸内の離島1・櫃石島(ひついしじま)

P1090690RS.jpg
 ▲岡山県の児島と香川県の坂出を結ぶ、ご存じ「瀬戸大橋」。
途中には、櫃石島(ひついしじま)岩黒島(いわくろじま)与島(よしま)という3つの有人島があり、パーキングエリアのある与島だけは一般の自家用車でも上陸できることが知られている。ところが、残りの櫃石島・岩黒島にもインターチェンジが設けられているのは意外と知られていない。それもそのはず、島民や緊急車両しか通ることができない、専用の出入口だからだ。

そんなわけで、これらの島を訪れるには路線バスに乗るのが唯一の手段である。バスで島を訪れるというのも珍しい経験だが、今日はこれらの島々をゆっくりと巡ってみよう。

続きを読む...

1ヶ月ぶりの香川 大島青松園・庵治へ

P1010177RS.jpg
大島全景。奥に見えるのは小豆島。高松市西宝町の「喜代美山荘 花樹海」より。

仕事が忙しく、しばらく更新が滞っていたことをお許しください。

先週末、1ヶ月ぶりに香川の親戚の家に行ってきた。前々回の記事で「次回は志度方面を紹介する予定」と書いたのだが、続編を書かないうちに再び訪れることになってしまった。ということで、予定を変更してお送りしています。


4月23日。
高松で半日ほど空き時間があったので、どこかで旅行貯金をしようと考えていた。この時点で総訪問局数は997局。どうせなら1000局目は思い出に残るような郵便局で貯金したい。
そんなわけで、局名に「千」の文字が付く郵便局を探していたら、高松沖に浮かぶ「大島」という島に「千歳簡易郵便局」というのがあることを知った。

この大島について調べてみると、島全体がハンセン病療養所大島青松園になっていることがわかった。ハンセン病の患者は昔から深刻な差別を受け、このような離島や僻地に隔離され、死ぬまで出ることは許されなかったのだ…。

続きを読む...

春の瀬戸内海

猿子島・鷹島
▲名もなき島々が無数に散らばる瀬戸内海。「名もなき」と書いたが、左に見えるのは猿子島、右に見えるのは鷹島と、ちゃんとした名前が付いていたようだ。さぬき市津田町の北山地区より。

先週は、母の実家がある香川県東かがわ市にしばらく里帰りしていた。香川県の東部、通称「東讃」と呼ばれるエリアは幼い頃から何度も訪れていて、私自身にとっても非常に馴染み深いところだ。

続きを読む...