被災地・三陸を訪れてⅣ-釜石編~終わりじゃない、これから始まるんだ


 ▲岩手県釜石市のメインストリート、県道4号(只越町商店街)。このあたりも被害は甚大だった。
※カーソルを重ねると、震災前の同じ場所の写真が見られます(画像提供:多摩地区そして日本各地の画像集)。また、クリックすると現在の写真が拡大されます。

「被災地・三陸を訪れる旅」シリーズも、いよいよ今回が完結編。
前回の記事で紹介した大船渡から三陸鉄道の列車に揺られ、釜石(かまいし)の街に到着したのはすでに夕方のことだった。
製鉄業で栄えた釜石市は、1978年に花巻市に人口を抜かれるまで岩手県第二の都市としてその名を轟かせていた。最盛期の人口は約9万人で、地元資本のデパートが林立していたというが、製鉄業の衰退とともに人口も減少。震災直前の2010年で約3万9千人、そして現在は約3万6千人にまで落ち込んでいる。

続きを読む...

スポンサーサイト

春満開!桜の名所めぐり・2013

DSC06899RS.jpg
 ▲木曽川堤の桜並木。奥には一宮市のシンボル、ツインアーチ138。

いよいよ春到来!ということで、一昨日は自宅周辺で桜の名所めぐりをして来ました。
(昨年の記事はコチラ

続きを読む...

水都・大垣アルバム~大垣城編

大垣シリーズの最終回は大垣城を中心に、前回前々回の記事で紹介できなかったところをランダムに紹介しよう。
P1050219RS.jpg
 ▲まずは大垣城天守から。
1535年に宮川安定によって創建されたと伝えられており、1600年の関ヶ原の戦いでは西軍の本拠にもなったという。現在の天守は戦後に再建されたもので、館内はよくある資料館になっているが、旧美濃路を中心とする城下の街並みを忠実に再現したジオラマ模型がリアルでおすすめ。

では、天守展望台からの眺めをどうぞ。

続きを読む...

忘れ去られた三つの旧道―大府の街歩き

P1030564RS.jpg
 ▲開発ラッシュの大府の街も、ここだけ時間が止まっているかのようだ。本町通りで。

しばらく岐阜県のひなびた田舎のシリーズが続いたが、今回は名古屋に隣接するベッドタウン、大府市(おおぶし)をちょっとだけ街歩きしてきた。
ここは10月に訪れた豊明市と同じく、歴史の浅い新興住宅地。古くからの街道も通っていないので、街並みとしては正直あまり期待はしていなかったのだが、思わぬところに昔ながらの風景が残っていて驚いた。こういう意外な発見があるから街歩きはやめられない。
ではさっそく、街の玄関口であるJR大府駅からスタート!

続きを読む...

岡崎、八丁味噌のように熟成した街

P1010156RS.jpg
 ▲岡崎城の西隣を流れる伊賀川。平和な秋の休日の光景。

ジョニーtownのスープカレーでお腹を満たした後は、岡崎市内をのんびりと街歩きすることにした。岡崎城を中心とした旧市街は、ちょうど8年前の2003年10月24日に初めて訪れたときの詳しい記録が今も残っている。その後も数回に渡って訪れているが、本格的に街歩きをするのはこれで2回目だ。
どうでもいいが、相変わらずジョニーtownの味と雰囲気が忘れられず、脳内ではペドロ&カプリシャスの「ジョニィへの伝言」が無限ループしていた。

続きを読む...

ディープ&レトロ第二弾・熱田、一宮七夕まつり、そして更新予告

先週と同じノリで、今日は名古屋市の熱田(あつた)をぶらりと歩いて来ました。
P1140585RS.jpg
 ▲独特の雰囲気が漂う神宮前商店街
まっちの街歩きホームページでも紹介済みだが、以前と比べてさらにシャッター街化しているのが寂しい。廃業してしまったのか、休日だから閉めているだけか。後者ならぜひとも平日にまた歩きたい。

続きを読む...

ディープかつレトロな「駅西」を歩く

昨日、7月24日。
四間道円頓寺に行ってきたというみるくさんと名古屋駅で合流。
超高層ビルの建設ラッシュで発展著しい東口には目もくれず、今日はディープでレトロでどこか危険な(?)香りも漂う「駅西」を散策してみようということになった。かつては「駅裏」と呼ばれ、戦後の闇市から発展したこのエリア。近年はビックカメラの進出などで人通りが増えてはいるが、一歩奥に入るとまだまだ「戦後」の香りが残っている。
片屋根式アーケードの駅西銀座商店街を通り抜け、則武本通との交点を過ぎると…
P1140382RS.jpg
 ▲中村銀座商店街に出る。延々と並ぶ街路灯が、まるでどこかの地方都市のようだ。

この商店街をさらに西進。名古屋駅からちょうど1.5kmほどの地点には、名古屋随一の歓楽街・大門(おおもん)がある。詳細はまっちの街歩きホームページでも紹介済みだ。

続きを読む...

龍馬の足跡を訪ねて~その2

桂浜から再びバスで高知の中心部に戻り、引き続き土佐藩ゆかりの史跡を巡ることにした。もちろん、郵便局や商店街も巡りつつ…。

P1100963RS.jpg
 ▲まずは、上町(かみまち)の電車通り沿いにある坂本龍馬の誕生地へ。
現在は病院になっていて、建物の前に石碑が建っていることを除けば何の変哲もない街中の風景だ。

続きを読む...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。