何だか気になる南濃の小都市と郵便局めぐり(前編)

P1020948RS.jpg
 ▲養老山脈の山裾に広がる、駒野の昔ながらの街並み。海津市南濃町、津屋川に架かる駒野橋より。

紛らわしいタイトルだが、前々回・前回とアップしてきた東濃シリーズとはまた別に、先週の火曜日は、岐阜県南西部に位置する海津市を訪れた。
海津市といえば、2005年に海津町・平田町・南濃町の3町が合併して出来た都市。旧海津町の中心街である高須と、旧平田町の中心街である今尾は既に訪れたことがあり、いずれもちょっとした市街地が形成されているのだが、旧南濃町はさらっと通り過ぎたことしかなく、今回改めてじっくりと歩いてみることにした。

続きを読む...

スポンサーサイト

輪之内町の大藪本通り商店街

4日ぶりにまたまたやって来た、岐阜県西濃南部。まずは安八郡輪之内町(わのうちちょう)へ。名は体を表わすというが、ここがまさに中学校の教科書にも出てくる「輪中(わじゅう)」の町だ。
巨大なイオンタウンがある以外はほとんどが田んぼばかりで、正直何もない町だと思っていたが、イオンタウンにほど近い大藪小学校の周辺に、旧市街らしき集落を発見。


 ▲大藪本通商店街。今では商店街というほどお店は残っていないが、かすかに昔の面影がある。
イオンタウンができる前はどれくらい賑わっていたのだろうか。

続きを読む...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。