【瀬戸内国際芸術祭の旅・5】完結篇!清水と棚田の里、豊島唐櫃

DSC07752RS.jpg
 ▲唐櫃岡から唐櫃浜に向かう、島で唯一の2車線道路・県道豊島循環線バイパス
そのまま海に突っ込んでしまいそうな、ダイナミックな光景だ。

全5回にわたってお送りしてきた瀬戸内国際芸術祭シリーズも、今回がいよいよ完結篇。
前回の記事で紹介した豊島(てしま)の家浦地区を散策した後は、島で唯一の郵便局・豊島郵便局へ。さらに、島の東部に位置する唐櫃(からと)地区を目指すべく、島内を循環する豊島シャトルバスに乗った。
運賃200円均一の小さなマイクロバスだが、さすが芸術祭期間だけあって観光客が多く、途中には「森万里子作品前」なんていうバス停も。また、運転手さんが「カメラ持っとる人は用意しといてな」とわざわざ気を利かせ、豊島美術館を見渡せる展望スポットでしばらく停車してくださった。

続きを読む...

スポンサーサイト

【瀬戸内国際芸術祭の旅・4】銅精錬で栄えた犬島から、豊島家浦へ

DSC07577RS.jpg
 ▲犬島の銅精錬所跡。謎の巨大要塞に迷い込んだような、ミステリアスかつ壮大な光景が続く。

瀬戸内の島めぐりシリーズ2日目。前回の記事で紹介した直島を訪れた後は、高速艇で犬島(いぬじま)に向かった。
岡山沖に浮かぶ小さなこの島は、明治から大正にかけて銅の精錬で栄えたという歴史を持つ。最盛期には人口3000人を超えたようだが、わずか10年ほどで廃鉱となり、現在の人口はたった54人(2011年)。その後、精錬所跡は現代アートの美術館として生まれ変わっているという。

続きを読む...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。