被災地・三陸を訪れてⅡ-陸前高田編~被災地にも花は咲く


 ▲岩手県陸前高田市、旧陸前高田駅前風景。賑やかな街並みは、ある日突然消え去った…。
※カーソルを重ねると、震災前の同じ場所の写真が見られます(画像提供:多摩地区そして日本各地の画像集)。また、クリックすると現在の写真が拡大されます。

前回から続く、被災地・三陸を訪れる旅の二日目。
宮城県気仙沼市の旅館を出発した私たちは、気仙沼駅前からBRT(JR大船渡線の代行バス)に乗り込んだ。GWの真っ直中だったが特に渋滞もなく、バスは風光明媚な三陸海岸沿いを順調に北上。そして、最初に訪れたのは岩手県陸前高田市(りくぜんたかたし)。先の震災で特に甚大な被害を受けた街である。

続きを読む...

スポンサーサイト

2013夏・韓国【2】古都・慶州へ、旅情あふれる鉄道の旅

DSC00309RS.jpg
 ▲新羅時代の7世紀に造られた庭園、雁鴨池(アナプチ)。百日紅の花が美しい。

前回から続く韓国旅行シリーズの2日目、7月26日(金)。
この日は朝早くからホテルを出発し、高速鉄道「KTX」のソウル駅に向かった。首都ソウルから約280km離れた韓国南部の古都、慶州(キョンジュ)に向かうためだ。新羅(紀元前57年~935年)の都として栄えた、日本で例えるなら京都か奈良のような存在の街だが、ここを訪れるのは2009年12月以来2度目、約3年半ぶりとなる。

続きを読む...

夏の北海道(2010.7) その5~美瑛・富良野編

P1030448RS.jpg
 ▲美瑛町北部、パッチワークの丘付近で。今回はあえてセピア調にしてみた。絵葉書になりそうな風景、というのはちょっと言い過ぎか。

(前回からの続き)
旭山動物園を閉園間際まで堪能してから、再び美瑛・富良野を経由し、トマムのホテルを目指した。すでに夕方近くなっていたが、せっかくだから美瑛の広大な丘の風景も見ていこうということになった。

続きを読む...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。