【瀬戸内国際芸術祭の旅・4】銅精錬で栄えた犬島から、豊島家浦へ

DSC07577RS.jpg
 ▲犬島の銅精錬所跡。謎の巨大要塞に迷い込んだような、ミステリアスかつ壮大な光景が続く。

瀬戸内の島めぐりシリーズ2日目。前回の記事で紹介した直島を訪れた後は、高速艇で犬島(いぬじま)に向かった。
岡山沖に浮かぶ小さなこの島は、明治から大正にかけて銅の精錬で栄えたという歴史を持つ。最盛期には人口3000人を超えたようだが、わずか10年ほどで廃鉱となり、現在の人口はたった54人(2011年)。その後、精錬所跡は現代アートの美術館として生まれ変わっているという。

続きを読む...

スポンサーサイト

夏の北海道(2010.7) その5~美瑛・富良野編

P1030448RS.jpg
 ▲美瑛町北部、パッチワークの丘付近で。今回はあえてセピア調にしてみた。絵葉書になりそうな風景、というのはちょっと言い過ぎか。

(前回からの続き)
旭山動物園を閉園間際まで堪能してから、再び美瑛・富良野を経由し、トマムのホテルを目指した。すでに夕方近くなっていたが、せっかくだから美瑛の広大な丘の風景も見ていこうということになった。

続きを読む...

ちょっと遠回りな東京旅行(2009.9) その15~都内あれこれ編

(前回からの続き)

2009.9.26
ちょっと遠回りな東京旅行、いよいよ最終日。
この日はまず、練馬区の下石神井(しもしゃくじい)にあるちひろ美術館にやって来た。絵本画家・いわさきちひろの美術館で、もう何年も前からずっと行きたかったところだ。

chihiro.jpg

続きを読む...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。