白い川と黒い川~岐阜県白川町・東白川村へ(後編)

P1070063RS.jpg
 ▲白川茶発祥の地、岐阜県加茂郡東白川村で。南向きの急な斜面に茶畑が広がるダイナミックな光景が続いている。

(前編からの続き)
うししが丘ルネッサンスのみるくさんとともにやって来た美濃白川・東白川の旅。
白川町の中心部・河岐(かわまた)地区を出発し、河岐トンネルを抜けて狭い県道70号をくねくねと走り、次は黒川と呼ばれる地区にやって来た。白川町なのに黒川とは不思議なものだ。町内にはさらに赤河(なぜか赤川ではない)というところもあり、いずれも同名の川沿いに開けた集落である。
さて、この黒川地区。白川の中心部からは15kmほど離れているのだが、白川とは別に独立した市街地がある。県道70号の北側に並行する旧道沿いが、どうやらそのメインストリートのようだ。

続きを読む...

スポンサーサイト

白い川と黒い川~岐阜県白川町・東白川村へ(前編)

P1060846RS.jpg
 ▲美濃白川の中心部を流れる清流、白川(しらかわ)。町内にはこの他に黒川赤川という川もある。

先日、うししが丘ルネッサンスで有名なみるくさんとともに、岐阜県の美濃白川(みのしらかわ)方面に遊びに行ってきた。
岐阜で「白川」といえば、世界遺産にも登録されている合掌造りの白川郷を思い浮かべる方が多いだろうが、あちらは「飛騨白川」。よく混同されるのだが、今回行ってきたのはJR高山線の白川口駅を中心とした「美濃白川」である。
ただ、こちらの白川。白川茶や東濃ひのきなどの名産品があるものの、観光地というにはややマイナーで、下呂温泉や高山に行くときに通り過ぎるだけの小さな田舎町という印象が強い。果たして、美濃白川の旅ではどんな発見があったのか…?

続きを読む...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。