ちょっと遠回りな東京旅行(2009.9) その16~完結編

(前回からの続き)

3ヶ月以上にわたって連載してきた「ちょっと遠回りな東京旅行」シリーズもいよいよ完結編。最後の日の夜は港区の浜松町で過ごすことにした。
と言っても、わざわざ小便小僧を見るために浜松町に来たわけではない。

向かった先は、世界貿易センタービル展望台 シーサイド・トップだ。

シーサイド・トップ西
▲西、東京タワー、芝公園、増上寺、六本木ヒルズ、渋谷、恵比寿ガーデンプレイス方面。
晴れていれば富士山もこの方角に見えるんだとか。

散々マニアックなところを巡っておいて、最後の最後にこんなおのぼりさん的なところに来るのもちょっと拍子抜けな感じだが、静かに東京の余韻を楽しみたいと考えて行き着いた先がここだった。

地上40階、高さ152m。東京の高層ビルの中ではそれほど高い方ではないのだが、アクセスがしやすく、入場料もそこそこで、それほど混雑もしていない。リニューアルされたばかりで雰囲気も良く、そして何より東京タワーがよく見えるのが魅力的だ。意外かもしれないが、私は今まで東京タワーを一度も生で見たことが無かったのだ。こんなマニアックな旅行ばかりしていれば当然かもしれないが・・・。


それでは東京の夜景をごゆっくりとお楽しみください。(画像はクリックすると拡大します)

続きを読む...

スポンサーサイト

ちょっと遠回りな東京旅行(2009.9) その15~都内あれこれ編

(前回からの続き)

2009.9.26
ちょっと遠回りな東京旅行、いよいよ最終日。
この日はまず、練馬区の下石神井(しもしゃくじい)にあるちひろ美術館にやって来た。絵本画家・いわさきちひろの美術館で、もう何年も前からずっと行きたかったところだ。

chihiro.jpg

続きを読む...

ちょっと遠回りな東京旅行(2009.9) その10~金町編

(前回からの続き)

2009.9.25
長かったように思えるこの旅行も、ようやく3日目。この日は新宿のホテルを早朝に出発し、JR新宿駅に向かった。

新宿東口中央通り
朝6時過ぎの新宿東口中央通り
賑やかな新宿も、こんな時間は人通りもなくひっそりとしている。ただ、あちこちから生ゴミのようなあるいは吐瀉物のようなにおいが漂ってきて、深夜の喧噪の余韻を感じさせる。
奥に見える不思議な形のビルは、モード学園コクーンタワー。名古屋のモード学園スパイラルタワーズは毎日のように眺めているが、こちらは昨年出来たばかりで、初めてお目にかかった。

さて、この日はまず、葛飾区の金町(かなまち)というところに向かった。
金町という名前を聞いてもピンと来ない人が多いと思うが、寅さんで有名な柴又と、両さんで有名な亀有の、ちょうど中間に位置する街だと言えば、なんとなくイメージが掴めるだろう。東京23区の北東の端に位置し、付近一帯はいかにも典型的な下町だ。
実は、金町には以前にも何度か来たことがあり、比較的馴染み深いところなのだが、ここ数年ずっと来ていなかったので、久々に行ってみようと思ったのだ。

続きを読む...

ちょっと遠回りな東京旅行(2009.9) その8~大宮編

(前回からの続き)

高崎駅に戻り、14時17分発の高崎線(湘南新宿ライン)特別快速小田原行きに乗った。
こんな時間で、10両も繋いでいるというのに、高崎出発時点でもう立ち客が出るほどの乗車率だ。さらに籠原で5両増結するも、次々と乗ってきてあっという間にかなりの混雑になった。のどかな路線が続いたこの旅行も、いよいよ東京に近付いてきたことを実感する。

このまま乗って行けば、池袋、新宿、渋谷まで快適に座っていけるのだが、ここはぐっと堪え、15時29分、途中の大宮駅で下車することにした。

P1420362RSS.jpg
大宮駅(西口)

続きを読む...

ちょっと遠回りな東京旅行(2009.9) その4~安中榛名編

(前回からの続き)

長野駅から、長野新幹線あさま530号東京行きに乗った。JR東日本の新幹線に乗るのは今回が初めてだ。
あさま530号

東京と長野を結ぶ長野新幹線は、名古屋に住む私にとっては正直言って縁がない。なので、こんな機会だからしっかり景色を見ておこうと思ったのだが、車窓はトンネルと塀ばかりでちっとも面白くないのだ。おまけに薄曇りで、山もろくに見えない。長野の街を延々と歩き回った疲れから、半分以上居眠りしてしまった。
ともあれ、長野を出ると上田佐久平軽井沢と各駅に停車。どの駅からも大量に乗ってきて、軽井沢からはどこからこんなに湧いてきたのかと思うほど大量の乗客が。とうとう立ち客まで発生。さすが首都圏のUターンラッシュだ。恐るべし。

その軽井沢を出るといよいよ長野県から群馬県に入る。そしてほどなく安中榛名駅に到着した。新幹線の秘境駅とか、政治駅だの税金の無駄遣いだのと散々な言われようをしたあの駅である。誰一人見向きもしないこの駅で席を立ち、扉に向かった。
そう、今回の旅行の目的の一つは、この駅を訪れることにあった。

続きを読む...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。