真夏の沖縄旅行・4―名護の街歩きとマリンブルーの古宇利大橋

DSC09830RS.jpg
 ▲屋我地島と古宇利島を結ぶ古宇利大橋(こうりおおはし)。こんな海の色は初めて見た。

長い夏も終わり、早くも9月。しばらくブログの更新をサボっている間に韓国、そして飛騨と信州を旅してきたが、そちらはまた後ほどアップすることとして、先に沖縄シリーズの完結編を仕上げておこう。

ということで、前回の記事から続く沖縄旅行の最終日、7月9日。この日は、他のメンバーよりも一足早くホテルを出発し、人口6万人の名護市(なごし)を街歩きすることにした。ここは沖縄本島北部の中心都市であり、県内では那覇市、沖縄市に次ぐ第三の都市という位置付けだ。

私は以前から「第二の都市」とか「第三の都市」という響きに魅力を感じている。首位都市(プライメイトシティ)は繁栄して洗練され垢抜けている反面、アクがないというか、その地方ならではの独特さを失ってしまっている場合が多いからだ。沖縄の場合も、那覇は人口が多すぎるためか、本土とさほど変わらない風景も多く、あるいは過剰に演出された沖縄らしさに「わざとらしさ」を感じてしまうのも事実だ。
那覇からはるばる70kmも離れた名護まで行けば、きっと飾らない素朴な沖縄の日常の姿が見られることだろう。

続きを読む...

スポンサーサイト

真夏の沖縄旅行・3―都心の巨大迷宮「まちぐゎー」歩き

DSC09408RS.jpg
 ▲ディープかつエキゾチックな光景が広がる松尾二丁目中央市場。観光客は滅多に訪れません。

沖縄旅行シリーズの2日目。
うるま市から那覇市にやって来た後は、いよいよ那覇の中心繁華街に行ってみることにした。観光客に人気の国際通りだけでなく、このエリアには「まちぐゎー」と呼ばれる市場や商店街が広大な範囲に広がっている。それもかなり複雑に入り組んでいるようで、街歩き好きとしてはちょっと気合を入れて歩く必要がありそうだ。
そんなわけで、一旦同行者2人と別れ、まずはゆいレール(モノレール)のおもろまち駅に向かった。

続きを読む...

真夏の沖縄旅行・2―海中道路・勝連城跡から那覇新都心へ

DSC08995RS.jpg
 ▲ホテルから外に出ると、そこはもうビーチ。国頭郡恩納村・リザンシーパークホテル谷茶ベイで。

前回から続く、沖縄旅行シリーズの2日目。
この日は朝早くにホテルを出発し、沖縄本島の中部に位置する「うるま市」周辺を観光することにした。
「うるま」とは「珊瑚の島」という意味の古語で、いわゆる瑞祥地名。2005年に具志川市・石川市・勝連町・与那城町が合併して出来た新しい市だ。

続きを読む...

真夏の沖縄旅行・1―初日はしっとり沖縄本島南部の文化遺産めぐり

DSC08916RS.jpg
 ▲青い海、青い空、白い雲、これぞ沖縄!南城市知念の吉冨交差点で。

先日、7月7日から9日にかけて、2泊3日で沖縄に行ってきた。
自分で言うのも何だが、私は沖縄の地理や文化にはかなり詳しい方である。どこに何があるかは大体分かるし、沖縄独特の難読地名もかなり読めると自負している。しかし、実は今まで一度も機会に恵まれず、実際に訪れるのは今回が初めてなのだ。

そんなわけで、予備知識もばっちり、満を持しての沖縄旅行が始まった。

続きを読む...

【瀬戸内国際芸術祭の旅・5】完結篇!清水と棚田の里、豊島唐櫃

DSC07752RS.jpg
 ▲唐櫃岡から唐櫃浜に向かう、島で唯一の2車線道路・県道豊島循環線バイパス
そのまま海に突っ込んでしまいそうな、ダイナミックな光景だ。

全5回にわたってお送りしてきた瀬戸内国際芸術祭シリーズも、今回がいよいよ完結篇。
前回の記事で紹介した豊島(てしま)の家浦地区を散策した後は、島で唯一の郵便局・豊島郵便局へ。さらに、島の東部に位置する唐櫃(からと)地区を目指すべく、島内を循環する豊島シャトルバスに乗った。
運賃200円均一の小さなマイクロバスだが、さすが芸術祭期間だけあって観光客が多く、途中には「森万里子作品前」なんていうバス停も。また、運転手さんが「カメラ持っとる人は用意しといてな」とわざわざ気を利かせ、豊島美術館を見渡せる展望スポットでしばらく停車してくださった。

続きを読む...

【瀬戸内国際芸術祭の旅・4】銅精錬で栄えた犬島から、豊島家浦へ

DSC07577RS.jpg
 ▲犬島の銅精錬所跡。謎の巨大要塞に迷い込んだような、ミステリアスかつ壮大な光景が続く。

瀬戸内の島めぐりシリーズ2日目。前回の記事で紹介した直島を訪れた後は、高速艇で犬島(いぬじま)に向かった。
岡山沖に浮かぶ小さなこの島は、明治から大正にかけて銅の精錬で栄えたという歴史を持つ。最盛期には人口3000人を超えたようだが、わずか10年ほどで廃鉱となり、現在の人口はたった54人(2011年)。その後、精錬所跡は現代アートの美術館として生まれ変わっているという。

続きを読む...

【瀬戸内国際芸術祭の旅・3】朝日の瀬戸内海から、芸術の島・直島へ

DSC07522RS.jpg
 ▲直島の宮浦(みやのうら)集落。離島らしくない、意外と開けた印象の島だった。

前回から続く、2013年春の瀬戸内国際芸術祭シリーズ。
2日目となるこの日は、なんと早朝5時に起床。普通の旅ならこんなに早起きすることはないのだが、今回は交通手段が限られる離島の旅。少しでも時間を有効に使うための工夫だ。
まずは、ホテルから徒歩ですぐのところにある高松港へ…。

続きを読む...

【瀬戸内国際芸術祭の旅・2】路地と石段と桜が満開の男木島

DSC07228RS.jpg
 ▲斜面に民家がびっしりと張り付いた男木島(おぎしま)。絵に描いたような離島らしい離島だ。

前回から続く瀬戸内シリーズ。初日の後半は、高松沖8kmほどのところに浮かぶ男木島にやって来た。
隣の女木島と比べると平地の面積が極端に少なく、島内は急な坂道と狭い路地が迷路のように入り組んでいるという。これは楽しそうだ。ちょっと探検してみたくなる。
そんな男木島の港に到着すると、ユニークな建物が迎えてくれた。

続きを読む...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。