2013夏・韓国【3】 世界遺産・慶州の仏国寺、石窟庵、そして大邱へ

DSC00410RS.jpg
 ▲韓国屈指の古刹、仏国寺(プルグクサ)で。
手前に見える泛影楼(ポミョンル)と、奥に見える紫霞門(チャハムン)の連なる姿が見事。

前回の記事から続く、韓国旅行シリーズの第3回。
2日目となる7月26日(金)の午後は、慶州郊外にある世界遺産の仏国寺(プルグクサ)にやって来た。ここもまた3年半前に来たことがあるが、そのときの記事にも記した通り、韓国では修学旅行先の定番として知られるメジャースポットである。
さらに、この仏国寺の奥には石窟庵(ソックラム)というもう一つの大きな見どころがある。ただ、仏国寺から片道7.5kmの山道を登った先にあり、前回の訪問時は時間が無くて断念したのだ。ぜひ今回こそは行ってみたかったのだのだが…。

続きを読む...

スポンサーサイト

2013夏・韓国【2】古都・慶州へ、旅情あふれる鉄道の旅

DSC00309RS.jpg
 ▲新羅時代の7世紀に造られた庭園、雁鴨池(アナプチ)。百日紅の花が美しい。

前回から続く韓国旅行シリーズの2日目、7月26日(金)。
この日は朝早くからホテルを出発し、高速鉄道「KTX」のソウル駅に向かった。首都ソウルから約280km離れた韓国南部の古都、慶州(キョンジュ)に向かうためだ。新羅(紀元前57年~935年)の都として栄えた、日本で例えるなら京都か奈良のような存在の街だが、ここを訪れるのは2009年12月以来2度目、約3年半ぶりとなる。

続きを読む...

世界遺産・仏国寺とKORAIL東海南部線

P1480394RSS.jpg
▲韓国を代表する名刹、世界遺産・仏国寺で。

(前回からの続き)

慶州駅前から市内バスに乗り、仏国寺(プルグクサ)にやって来た。
ここは韓国が誇る超メジャー級のお寺で、韓国人ならまず知らない人はいないだろう。修学旅行の定番にもなっていて、日本で例えるならさしづめ法隆寺とか東大寺のような存在だ。

それでは、この仏国寺の境内をゆっくりと巡ってみよう。

続きを読む...

屋根のない博物館・慶州(キョンジュ)

P1480294RSS.jpg
▲朝鮮時代の古民家が残る校洞(キョドン)の街並み。

(前回からの続き)

釜山から東海南部線の列車に乗り、慶州(キョンジュ)にやって来た。
ここ慶州は、古代に新羅の都として発展したところ。街全体が世界遺産になっていて、「屋根のない博物館」とも呼ばれている。古都という点では日本の奈良によく似ていて、奈良市とは姉妹都市にもなっている。
街中のあちこちに史跡が点在しているので、徒歩で巡るのはあまりに大変だし、バスやタクシーで巡るのもちょっと非効率だ。そこで、駅前の自転車屋でレンタサイクルを借りることにした。1日7,000ウォンと、韓国の物価からするとちょっと高めではあるが、観光地なのでこれくらいの値段が妥当なのかもしれない。ちなみに借りる際には、外国人は旅券番号、韓国人は住民登録番号を申告する必要がある。

続きを読む...

韓国の汽車旅 東海南部線編

P1480130RSS.jpg
KORAIL東海南部線 海雲台(ヘウンデ)-松亭(ソンジョン)間の車窓より。

(前回からの続き)

韓国旅行の二日目、2009年12月19日(土)。
この日は釜山から東海南部線(トンヘナンブソン)というローカル線の列車に乗り、慶州(キョンジュ)という街を目指した。釜山から慶州へは高速バスの方が本数が多く便利だが、ここはあえて風情のある「汽車旅」をしてみることにした。

korea_railway.gif
▲韓国の国鉄(KORAIL)の大まかな路線図。今回の旅行に関連する路線だけを記載しています。
この地図では便宜上「釜山」とひとまとめにして書いてあるが、実際は京釜線と東海南部線は別々の駅から出ている。前者は釜山駅、後者は釜田(プジョン)駅だ。

続きを読む...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。