新春初歩き!岡崎市南郊の街めぐり(前編)

P1040197RS.jpg
 ▲新春の名鉄東岡崎駅前。典型的な地方都市の風景だ。岡ビル百貨店は今のところまだ健在。

1月4日。2012年最初の街歩きは、つい2ヶ月前に訪れたばかり愛知県岡崎市を訪れた。ただ、今回は岡崎城を中心とする中心市街地ではなく、岡崎市南部の郊外に点在する小さな街を巡るのが目的だ。

続きを読む...

本年もよろしくお願いします

  • 2012.01.01 19:14
  • カテゴリ:雑記
P1040178RS.jpg

あけましておめでとうございます。
この一年間、“まっちの街歩き”をお楽しみいただき、ありがとうございました。
本年もよろしくお願いします!

2012年 元旦

*****************************************************************
お知らせ

昨年の秋に岐阜県飛騨市の種蔵で行われた「たねくら携帯写真コンテスト」で、おかげさまで私の作品が「種蔵賞」に選ばれました!詳しくは公式サイトをご覧ください。

忘れ去られた三つの旧道―大府の街歩き

P1030564RS.jpg
 ▲開発ラッシュの大府の街も、ここだけ時間が止まっているかのようだ。本町通りで。

しばらく岐阜県のひなびた田舎のシリーズが続いたが、今回は名古屋に隣接するベッドタウン、大府市(おおぶし)をちょっとだけ街歩きしてきた。
ここは10月に訪れた豊明市と同じく、歴史の浅い新興住宅地。古くからの街道も通っていないので、街並みとしては正直あまり期待はしていなかったのだが、思わぬところに昔ながらの風景が残っていて驚いた。こういう意外な発見があるから街歩きはやめられない。
ではさっそく、街の玄関口であるJR大府駅からスタート!

続きを読む...

岡崎、八丁味噌のように熟成した街

P1010156RS.jpg
 ▲岡崎城の西隣を流れる伊賀川。平和な秋の休日の光景。

ジョニーtownのスープカレーでお腹を満たした後は、岡崎市内をのんびりと街歩きすることにした。岡崎城を中心とした旧市街は、ちょうど8年前の2003年10月24日に初めて訪れたときの詳しい記録が今も残っている。その後も数回に渡って訪れているが、本格的に街歩きをするのはこれで2回目だ。
どうでもいいが、相変わらずジョニーtownの味と雰囲気が忘れられず、脳内ではペドロ&カプリシャスの「ジョニィへの伝言」が無限ループしていた。

続きを読む...

スープカレー屋 ジョニーtown

先日の垂井の記事でチラッと紹介した、スープカレーマニアの先輩Iさん。
このIさんが、愛知・岐阜近郊で「最も」お勧めというスープカレーの専門店に連れて行ってくださった。「近郊」と言っても、場所は自宅から50kmも離れた岡崎市

P1010031RS.jpg
 ▲その名もスープカレー屋 ジョニーtown

ということで、去る10月23日。
別の先輩Yさんと3人で待ち合わせ、東名をひた走り、期待に胸を膨らませつつ、そして品切れになっていないことを祈りつつ、はるばる岡崎までやって来た。

続きを読む...

Japanese Circus―大脇梯子獅子

P1000540RS.jpg
 ▲10代・20代の若者が命綱無しで演じる「大脇梯子獅子(おおわきはしごじし)」。
400年以上の伝統を持ち、愛知県の無形民俗文化財に指定されている。公式サイトによると、もともとは豊作を祝う行事だったようだ。

先週の日曜は、豊明市の大脇神明社で行われる「大脇梯子獅子」を見に行ってきた。
地元住民だけで行われ、知名度もさほど高くない行事だが、上の写真にもある通り、アクロバティックな演技はまさに「日本版サーカス」。地元在住のみるくさんが招待してくださったので、一緒に見に行くことになった。

続きを読む...

ディープ&レトロ第二弾・熱田、一宮七夕まつり、そして更新予告

先週と同じノリで、今日は名古屋市の熱田(あつた)をぶらりと歩いて来ました。
P1140585RS.jpg
 ▲独特の雰囲気が漂う神宮前商店街
まっちの街歩きホームページでも紹介済みだが、以前と比べてさらにシャッター街化しているのが寂しい。廃業してしまったのか、休日だから閉めているだけか。後者ならぜひとも平日にまた歩きたい。

続きを読む...

ディープかつレトロな「駅西」を歩く

昨日、7月24日。
四間道円頓寺に行ってきたというみるくさんと名古屋駅で合流。
超高層ビルの建設ラッシュで発展著しい東口には目もくれず、今日はディープでレトロでどこか危険な(?)香りも漂う「駅西」を散策してみようということになった。かつては「駅裏」と呼ばれ、戦後の闇市から発展したこのエリア。近年はビックカメラの進出などで人通りが増えてはいるが、一歩奥に入るとまだまだ「戦後」の香りが残っている。
片屋根式アーケードの駅西銀座商店街を通り抜け、則武本通との交点を過ぎると…
P1140382RS.jpg
 ▲中村銀座商店街に出る。延々と並ぶ街路灯が、まるでどこかの地方都市のようだ。

この商店街をさらに西進。名古屋駅からちょうど1.5kmほどの地点には、名古屋随一の歓楽街・大門(おおもん)がある。詳細はまっちの街歩きホームページでも紹介済みだ。

続きを読む...