Japanese Circus―大脇梯子獅子

P1000540RS.jpg
 ▲10代・20代の若者が命綱無しで演じる「大脇梯子獅子(おおわきはしごじし)」。
400年以上の伝統を持ち、愛知県の無形民俗文化財に指定されている。公式サイトによると、もともとは豊作を祝う行事だったようだ。

先週の日曜は、豊明市の大脇神明社で行われる「大脇梯子獅子」を見に行ってきた。
地元住民だけで行われ、知名度もさほど高くない行事だが、上の写真にもある通り、アクロバティックな演技はまさに「日本版サーカス」。地元在住のみるくさんが招待してくださったので、一緒に見に行くことになった。

続きを読む...

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。