【瀬戸内国際芸術祭の旅・5】完結篇!清水と棚田の里、豊島唐櫃

DSC07752RS.jpg
 ▲唐櫃岡から唐櫃浜に向かう、島で唯一の2車線道路・県道豊島循環線バイパス
そのまま海に突っ込んでしまいそうな、ダイナミックな光景だ。

全5回にわたってお送りしてきた瀬戸内国際芸術祭シリーズも、今回がいよいよ完結篇。
前回の記事で紹介した豊島(てしま)の家浦地区を散策した後は、島で唯一の郵便局・豊島郵便局へ。さらに、島の東部に位置する唐櫃(からと)地区を目指すべく、島内を循環する豊島シャトルバスに乗った。
運賃200円均一の小さなマイクロバスだが、さすが芸術祭期間だけあって観光客が多く、途中には「森万里子作品前」なんていうバス停も。また、運転手さんが「カメラ持っとる人は用意しといてな」とわざわざ気を利かせ、豊島美術館を見渡せる展望スポットでしばらく停車してくださった。

続きを読む...

スポンサーサイト

【瀬戸内国際芸術祭の旅・4】銅精錬で栄えた犬島から、豊島家浦へ

DSC07577RS.jpg
 ▲犬島の銅精錬所跡。謎の巨大要塞に迷い込んだような、ミステリアスかつ壮大な光景が続く。

瀬戸内の島めぐりシリーズ2日目。前回の記事で紹介した直島を訪れた後は、高速艇で犬島(いぬじま)に向かった。
岡山沖に浮かぶ小さなこの島は、明治から大正にかけて銅の精錬で栄えたという歴史を持つ。最盛期には人口3000人を超えたようだが、わずか10年ほどで廃鉱となり、現在の人口はたった54人(2011年)。その後、精錬所跡は現代アートの美術館として生まれ変わっているという。

続きを読む...

【瀬戸内国際芸術祭の旅・3】朝日の瀬戸内海から、芸術の島・直島へ

DSC07522RS.jpg
 ▲直島の宮浦(みやのうら)集落。離島らしくない、意外と開けた印象の島だった。

前回から続く、2013年春の瀬戸内国際芸術祭シリーズ。
2日目となるこの日は、なんと早朝5時に起床。普通の旅ならこんなに早起きすることはないのだが、今回は交通手段が限られる離島の旅。少しでも時間を有効に使うための工夫だ。
まずは、ホテルから徒歩ですぐのところにある高松港へ…。

続きを読む...

最上稲荷のレトロな門前町と、備中高松城跡

P1090077RS.jpg
 ▲最上稲荷の門前町。全蓋式アーケードの商店街が約600mにわたって断続的に続く。

前回の記事で紹介した奉還町商店街を散策した後は、備前三門(びぜんみかど)駅からのどかなローカル線・JR吉備線で備中高松(びっちゅうたかまつ)駅にやって来た。
備中高松は、岡山市の北西部に位置する小さな街。羽柴秀吉の水攻めで知られる備中高松城や、日本三大稲荷の一つであり県下最大の初詣スポットでもある最上稲荷(さいじょういなり)など、見どころがたくさんある。中でも、この最上稲荷の門前町が面白いということで以前から気になっていた。

続きを読む...

人情溢れる下町、岡山・奉還町商店街を歩く

P1080541RS.jpg
 ▲JR岡山駅の西側に位置する奉還町(ほうかんちょう)商店街
アーケード街には「奉還町パサージュ」という愛称が付けられており、沿道には「奉還町りぶら」というコミュニティ施設もある。経済産業省が選んだ「がんばる商店街77選」に選出されているそうだ。

前回の記事では岡山を代表する観光スポット・後楽園を紹介したが、その後はかねてから行きたいと思っていた「奉還町商店街」にやって来た。岡山で商店街といえば、表町商店街の方が岡山最大の繁華街として有名だが、どちらかと言うと私は「駅裏」に位置するこちらの方に心惹かれるものがあった。

続きを読む...

早朝の広島駅前散策、そして岡山・後楽園へ

P1080350RS.jpg
 ▲金沢の兼六園、水戸の偕楽園とともに、日本三名園として知られる岡山の後楽園
江戸中期に、岡山藩二代藩主・池田綱政により造られた庭園だ。新緑が眩しい。

前回の記事までで一日かけて広島を散策した翌日は、広島に次ぐ中国地方第二の都市、岡山に向かった。時間を有効に利用するため、なんと早朝6時にホテルを出発し、1kmほど離れた広島駅までちょっとした散策を兼ねて歩くことに―。

続きを読む...

バスで行く瀬戸内の離島1・櫃石島(ひついしじま)

P1090690RS.jpg
 ▲岡山県の児島と香川県の坂出を結ぶ、ご存じ「瀬戸大橋」。
途中には、櫃石島(ひついしじま)岩黒島(いわくろじま)与島(よしま)という3つの有人島があり、パーキングエリアのある与島だけは一般の自家用車でも上陸できることが知られている。ところが、残りの櫃石島・岩黒島にもインターチェンジが設けられているのは意外と知られていない。それもそのはず、島民や緊急車両しか通ることができない、専用の出入口だからだ。

そんなわけで、これらの島を訪れるには路線バスに乗るのが唯一の手段である。バスで島を訪れるというのも珍しい経験だが、今日はこれらの島々をゆっくりと巡ってみよう。

続きを読む...

謹賀新年 in 岡山県・児島

少し遅くなりましたが、新年あけましておめでとうございます。
本年も“まっちの街歩き”をよろしくお願いします!
年末年始は職業柄かつてないほどの多忙を極め、1ヶ月ほど更新をサボっていたことをお許しください。。。

   *   *   *

さて、年が明けてやっと休みが取れた今日は、うししが丘ルネッサンスで有名なみるくさんと瀬戸内方面にお出かけすることになった。
まずは名古屋から始発の新幹線で岡山へ。そこから瀬戸大橋線で、倉敷市の児島(こじま)にやって来た。このあたりは四国に行くときに数え切れないほど素通りしているが、じっくりと訪れるのは中学校の修学旅行で鷲羽山に泊まったとき以来だ。

P1090449RS.jpg
 ▲JR児島駅前の武左衛門(ぶざえもん)通り
今でこそ倉敷市の一部になっているが、元々は児島市という独立した市だっただけあって、なかなか賑やかな街だ。通り沿いを歩いていると、とあるお店がオープンしたばかりとのことで、記念品のミサンガをいただいた。ただの通行人なのに申し訳ないな…と思いつつ、店主さんと話してみてビックリ。なんと、奥様が愛知県の一宮出身の方なんだそうな。

続きを読む...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。