被災地・三陸を訪れてⅣ-釜石編~終わりじゃない、これから始まるんだ


 ▲岩手県釜石市のメインストリート、県道4号(只越町商店街)。このあたりも被害は甚大だった。
※カーソルを重ねると、震災前の同じ場所の写真が見られます(画像提供:多摩地区そして日本各地の画像集)。また、クリックすると現在の写真が拡大されます。

「被災地・三陸を訪れる旅」シリーズも、いよいよ今回が完結編。
前回の記事で紹介した大船渡から三陸鉄道の列車に揺られ、釜石(かまいし)の街に到着したのはすでに夕方のことだった。
製鉄業で栄えた釜石市は、1978年に花巻市に人口を抜かれるまで岩手県第二の都市としてその名を轟かせていた。最盛期の人口は約9万人で、地元資本のデパートが林立していたというが、製鉄業の衰退とともに人口も減少。震災直前の2010年で約3万9千人、そして現在は約3万6千人にまで落ち込んでいる。

続きを読む...

スポンサーサイト

被災地・三陸を訪れてⅠ-気仙沼編~にぎわいこそ復興への第一歩

DSC06131RS.jpg
 ▲宮城県気仙沼市、プレハブの仮設店舗で構成される「復興屋台村 気仙沼横丁」で。
賑やかで活気に満ちた光景を見て、少しずつ明るい気持ちになってきた。そう、被災地は悲しみの塊ではなく、日々前向きに復興に向かっているのだ。

今年の5月の連休は、「うししが丘ルネッサンス」のみるくさんとともに、宮城県北部から岩手県南部にかけての三陸海岸沿いを旅してきた。言わずと知れた、3年前の東日本大震災で大きな被害を受けた地域である。
正直、この地を訪れるかどうか、少しためらう気持ちがあった。観光、興味本位…そんな気持ちで被災地にずかずかと踏み入ることに、どこか罪悪感のようなものを感じていたのだ。しかし、帰ってきた今になって思うのは、やはり訪れて良かったということ。実際に自分の目で見て、肌で感じ、そして現地の人々の暮らしぶりを垣間見、話を聞くこと、それこそが大切だったんだと思う。

続きを読む...

心温まるのどかな城下町・丹波篠山と、ちょっとだけ大阪鶴橋

DSC08418RS.jpg
 ▲篠山城下の北東端、城北口の界隈で。尊宝寺の門前に架かる赤い欄干の橋は、その名も門前橋。

今から約2ヶ月前、ゴールデンウィーク初日の5月3日。この日は友人N氏とともに兵庫県内陸部の城下町、丹波篠山(たんばささやま)に行ってきた。
関西圏以外では、観光地としての知名度はさほど高くはないが、連休ということもあって街中は大賑わい。街の雰囲気を壊さずに、観光客の心をぐっと掴む工夫があちこちに施されている、そんな街だった。滋賀県の近江八幡や長浜、彦根にしてもそうだが、関西の街は観光客を呼び込むまちづくりがつくづく上手いと感じる。

続きを読む...

夏の北海道(2010.7) その7~夕張・千歳編

P1030775RS.jpg
 ▲夕張市楓・阿部商店炭ころソフトクリーム。凍らせたコーヒーのかけらがふりかけてある。
この他にバリバリソフトクリームというのもあり、そちらはウエハースが突き刺さっているようだ。

(前回からの続き)
占冠の道の駅でレンタカー組と合流し、そこからはドライバーが交代して私が運転。一昨日と同じルートで夕張を目指し車を走らせた。
途中、他のメンバーの快諾をもらい稲里簡易郵便局に寄り道。民家もまばらなところにある、小さな郵便局だ。通帳を差し出し貯金をお願いしたところ、局員のおじいさんは端末機の扱いに慣れていないらしく、メモを見ながらのんびりと操作してくれた。1000局以上郵便局を巡って来たが、こんなにのんびりとした郵便局は初めてだ。それでも悪い印象はしない。北海道に初めて来たことを話すと、別れ際に「いい旅を」と言ってくださった。こうした人々との触れ合いも旅の楽しみの一つだ。

続きを読む...

冬の日本海 越前・三国湊

P1530541RSS.jpg
▲九頭竜川河口から望む、夕暮れの日本海。三国港駅前で。

一昨日から昨日にかけて福井に行ってきた。
北陸にはいろんな縁があって個人的に非常に馴染み深い土地だが、なかでも福井は特に気に入っているところで、1年に1回以上のペースで訪れている。

続きを読む...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。