忘れ去られた三つの旧道―大府の街歩き

P1030564RS.jpg
 ▲開発ラッシュの大府の街も、ここだけ時間が止まっているかのようだ。本町通りで。

しばらく岐阜県のひなびた田舎のシリーズが続いたが、今回は名古屋に隣接するベッドタウン、大府市(おおぶし)をちょっとだけ街歩きしてきた。
ここは10月に訪れた豊明市と同じく、歴史の浅い新興住宅地。古くからの街道も通っていないので、街並みとしては正直あまり期待はしていなかったのだが、思わぬところに昔ながらの風景が残っていて驚いた。こういう意外な発見があるから街歩きはやめられない。
ではさっそく、街の玄関口であるJR大府駅からスタート!

続きを読む...

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。