超便利!ソウル駅都心空港ターミナル(KARST)利用のススメ

先日の記事でも書いたが、今回の韓国旅行では帰国当日にソウル駅都心空港ターミナル(KARST)を利用した。
P1140790RS.jpg
 ▲画像はイメージ(짤방)です(8月27日、名古屋・中部国際空港で)。

2010年末にオープンしたこの施設では、空港に向かう前に便利な都心で、前もって搭乗手続きと出国審査をすることができる。あまり知名度が高くないためかガラガラに空いているので、ここを利用すれば空港のチェックインカウンターや出国審査場で長い行列に並ばされることがなくなる。もちろん手荷物も託送してくれるので、重い荷物を空港まで運ばなくて済む。さらに、手続き後は空港に戻るまで自由に外出できるので、身軽な状態でたっぷりと市内観光に行ける。旅行最終日にソウル市内近郊を観光したい場合はぜひお勧めしたい。

ただし、主な注意点が3つ。
まず、都心空港ターミナルを利用できるのは、仁川空港発大韓・アシアナ・済州航空便を利用する場合のみということ。金浦空港からの便には利用できないし、仁川発でも他の航空会社の便には利用できない(コードシェアを検討してみるのも良いだろう)。
次に、ソウル駅から仁川国際空港駅まで、空港鉄道の直通列車で移動するのが条件ということ。リムジンバス等で移動する場合はやはり利用できない。また、空港鉄道には直通列車(途中ノンストップ)の他に各駅停車(日本語では「通勤列車」と案内)もあるが、直通列車の利用者のみが対象。先に乗車券を購入し、チェックインの際に提示する必要がある。
最後に、手続き可能な時刻は当日朝の8時から飛行機出発時刻の3時間前まで(チェックインカウンターは朝5時20分から開いているが、出国審査場が8時からしか開かないため)。なので、基本的に午後便を利用する人が対象となる。

詳しい利用法はコネストの記事などを参考にしていただくことにして、ここでは大まかな利用法と、今回利用して気付いた留意点などを簡単に紹介しておこう。(2013年8月一部加筆訂正)

※ここに掲載している情報は2013年8月時点のもので、現在は変更されている可能性があります。詳しい情報はご自分で確認なさってください。いかなるトラブルがありましても、当ブログとしては責任を負いかねます。

続きを読む...

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。