被災地・三陸を訪れてⅢ-大船渡編~平穏な日常こそ最高の幸せ


 ▲岩手県大船渡市、南町一番丁商店街。この街も津波によって消し去られた。
※カーソルを重ねると、震災前の同じ場所の写真が見られます(画像提供:多摩地区そして日本各地の画像集)。また、クリックすると現在の写真が拡大されます。

被災地・三陸を訪れる旅、二日目の午後。前回の記事で紹介した陸前高田市を訪れた後は、15kmほど北東に位置する大船渡市(おおふなとし)を目指した。
陸前高田市の「奇跡の一本松」駅(バス停)から、JR大船渡線のBRT(代行バス)に乗車。津波の被害を受けなかった内陸部をしばらく走った後、途中の小友(おとも)駅から先は、線路跡に設けられたバス専用道を走るようになる。眼下に海が広がる風光明媚な車窓だったが、海が近いということは、それだけ津波のリスクも大きいということを意味する。

続きを読む...

スポンサーサイト

【能登半島一周・番外編】金沢から白山スーパー林道を経て白川郷へ

DSC02575RS.jpg
 ▲言わずと知れた世界遺産・白川郷、荻町合掌造り集落
夕方6時を過ぎていたので観光客の姿も少なく、聞こえてくるのは地元の人々の素朴な会話と蝉時雨。なんだか本来の村の風情が味わえているようで、ちょっと得した気分だ。

前回の記事まで、3日間にわたる壮大(?)な能登半島一周旅行記をお送りしてきたが、旅はこれで終わりではない。4日目のこの日は、3日間ともに過ごしたN氏と羽咋駅で涙ながらに別れた後、今度は名古屋から列車でやって来たみるくさん・なめらかプリンさんと合流し、3人で白山スーパー林道・白川郷経由で帰って来ることになったのだ。
ということで、まずは羽咋市から宝達志水町、かほく市にかけて、国道249号・国道159号を南下するところから見てみよう。

続きを読む...

萩原、再訪

以前、「これぞ昭和レトロ!一宮市萩原・稲沢市祖父江を歩く」で紹介した一宮市萩原町に、一昨日また行ってきた。お目当ては、萩原駅前で見かけたあのラーメン屋、華丸(はなまる)。コメントにもあるように、地元では超有名店のようだ。

夜8時を過ぎていたが、店内は大盛況。入口で食券を買い、焼豚つけ麺(900円)をいただいた。

P1080056RSS.jpg
極太の麺に、超大型のメンマ、そして厚切りの焼き豚。魚介系のスープにつけると、何ともワイルドな味わい。それでいて風味は上品だ。ごちそうさまでした。

続きを読む...

夏の北海道(2010.7) その3~美瑛・旭川編

P1030097RS.jpg
 ▲北海道らしい雄大な丘の風景が広がる美瑛(びえい)。JR美瑛駅北で。

(前回からの続き)
北海道旅行二日目、7月12日。
この日はあいにく雨が降ったり止んだりの天候だったが、当初の予定通り、富良野・美瑛・旭川方面に向かうことになった。
トマムから落合岳の東側を大きく回り込み、南富良野町の落合から国道38号へ。その途中で見つけた、北海道ならではの光景が・・・

続きを読む...

夏の北海道(2010.7) その1~千歳・支笏湖編

P1030622RS.jpg
 ▲北海道の山奥に突如現れる巨大タワーホテル、アルファリゾート・トマム。なんともバブリーな光景だ。

かなり久しぶりの更新となってしまった。
いつも楽しみにしてくださっている皆様には申し訳ないのだが、なかなか仕事に慣れず、更新する余裕がなかったことをお許しいただきたい。

さて先日、社員旅行(正確には「研修」ということになっているが…)で北海道に行ってきた。
旅程は2泊3日。会社が手配してくれるのは行き帰りの飛行機と宿泊先のホテルだけで、あとはほぼ全てフリー。広い北海道、どこに行くのも完全に自由だ。その代わり、レンタカーや列車の手配は各自でしなければならない。
私は同期のメンバーと数人で、レンタカーで行動することになった。

続きを読む...

ちょっと遠回りな東京旅行(2009.9) その3~長野編

(前回からの続き)

善光寺を参拝した後、善光寺と長野駅のちょうど中間に位置する権堂(ごんどう)地区にやって来た。ここは長野一の歓楽街として知られ、昔から善光寺参りの精進落としで賑わったそうだ。

表権堂通り
中央通りの1本東側を並行する表権堂通り。旧北国街道にあたるそうだ。
手前に郵便局が見えるが、残念ながら今日は休日なので開いていない。奥に見えるのは権堂通りのアーケードだ。

続きを読む...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。