爽やかな夏の飛騨・信州紀行【3】 城下町・松本の街歩き(後編)

DSC01636RS.jpg
 ▲女鳥羽川沿いに続く縄手通り商店街。下町情緒溢れる、賑やかな歩行者天国の商店街だ。

前回の記事から続く、長野県松本市の街歩きシリーズ。後半となる今回は、街のシンボル・松本城に近いエリアを紹介しよう。観光客が多そうなイメージのあるこのエリアだが、意外にもマニアックな路地が多く、縄手通りやナワテ横丁、緑町、うら町など、ずっと歩き回っていても飽きないところだ。
それでは、都心部の伊勢町・本町界隈からスタート。

続きを読む...

スポンサーサイト

真夏の沖縄旅行・1―初日はしっとり沖縄本島南部の文化遺産めぐり

DSC08916RS.jpg
 ▲青い海、青い空、白い雲、これぞ沖縄!南城市知念の吉冨交差点で。

先日、7月7日から9日にかけて、2泊3日で沖縄に行ってきた。
自分で言うのも何だが、私は沖縄の地理や文化にはかなり詳しい方である。どこに何があるかは大体分かるし、沖縄独特の難読地名もかなり読めると自負している。しかし、実は今まで一度も機会に恵まれず、実際に訪れるのは今回が初めてなのだ。

そんなわけで、予備知識もばっちり、満を持しての沖縄旅行が始まった。

続きを読む...

秋の木曽路で街歩き―漆器の里・木曽平沢篇

DSC03098RS.jpg
 ▲木曽漆器の里・木曽平沢のメインストリート、本通り(旧中山道)。職人の街らしい佇まいだ。

去る9月10日。前回の記事で紹介した奈良井宿を散策した後は、2.5kmほど歩き、隣町の木曽平沢(きそひらさわ)にやって来た。
この街はもともと奈良井宿の枝郷として発展したところで、現在は全国有数の漆器の産地として知られている。2006年には重要伝統的建造物群保存地区に指定され、街並み保存も進んでいるところだ。観光地らしい華やかさは無いが、落ち着いた風情の感じられるこの街を、じっくりと散策することにしよう。

続きを読む...

秋の木曽路で街歩き―中津川の商店街めぐり篇

DSC03195RS.jpg
 ▲中津川の旧市街、中山道沿いの通称「下町」かいわい。
9月なのに真冬のようなやわらかな日差しが印象的だった。

ちょうど暑さが和らいできた、去る9月10日(月)。ふと思い立ったように、岐阜県東部から長野県南部にかけての旧街道、木曽路(中山道)沿いをぶらりと旅してきた。紅葉にはまだ早い季節だったが、この地の名物として知られる、私の大好きなある「和菓子」がちょうど出始める季節だったのだ。

そんなわけで、この日はちょっと早起きしてJR東海道線と中央線を乗り継ぎ、まずは岐阜県の南東端に位置する中津川市にやって来た。かつては中山道(木曽路)の宿場町として、現在は東濃の拠点都市、そして交通の要衝として栄える人口約8万人の都市だ。今回は、この中津川の中心街に広がる商店街をじっくりと歩いて巡ることにした。

続きを読む...

人情溢れる下町、岡山・奉還町商店街を歩く

P1080541RS.jpg
 ▲JR岡山駅の西側に位置する奉還町(ほうかんちょう)商店街
アーケード街には「奉還町パサージュ」という愛称が付けられており、沿道には「奉還町りぶら」というコミュニティ施設もある。経済産業省が選んだ「がんばる商店街77選」に選出されているそうだ。

前回の記事では岡山を代表する観光スポット・後楽園を紹介したが、その後はかねてから行きたいと思っていた「奉還町商店街」にやって来た。岡山で商店街といえば、表町商店街の方が岡山最大の繁華街として有名だが、どちらかと言うと私は「駅裏」に位置するこちらの方に心惹かれるものがあった。

続きを読む...

夜の広島・横川、平和にぶらぶら街歩き

P1080095RS.jpg
 ▲ライトアップされた夜の原爆ドーム。こうして楽しく街歩きができるのも、平和なればこそ…

前回の記事では、珍しいのりものを体験すべくはるばる郊外まで足を延ばしたが、その後は再び広島の中心部に戻ってきた。瀬野駅からJR山陽本線に乗り、やって来たのは広島駅ではなくその一つ先の横川駅5年前に訪れた群馬県の横川駅は「よこかわ」と読むが、こちらは「よこがわ」と読む。
横川は都心への第二の玄関口ということで、名古屋の金山京都の山科によく似たポジションの街である。さらに、ポジションが似ると街の雰囲気も似てくるのか、駅前の(良い意味で)ゴミゴミした感じも金山や山科に非常によく似ているようだ。

続きを読む...

あの日のアーケードは記憶の彼方に―名古屋・大曽根

P1060073RS.jpg
 ▲大曽根駅西口の商店街、「オズモール」。
完成当時は先進的な街づくりとして全国から注目され、多くの人々が視察に訪れたそうだ。

去る3月21日は、所用のついでに名古屋市東区・北区にまたがる大曽根駅周辺を散策してきた。大曽根といえば、JR中央線・地下鉄名城線・名鉄瀬戸線・ゆとりーとラインが集結する、名古屋市北東部の一大ターミナル。個人的には中学校・高校時代をこの近所で過ごしたことや、大学時代にバイト先へ向かう通り道だったこともあり、割と馴染み深い街だ。ただ、あまり駅から外に出たことは無く、本格的に散策するのは今回が初めてだ。

では、まずは大曽根駅の西口側から見てみよう。

続きを読む...

春満開!一宮市・桜の名所めぐり

P1070254RS.jpg
 ▲一宮で桜の名所といえばやっぱり大江川(おおえがわ)。330本余りの桜並木が約1kmにわたって続く。

長らく更新をサボってしまいましたが、いつの間にか本格的な春到来。ということで先日は、自宅から自転車で行ける範囲でぶらりと桜見物に出掛けてみました。

続きを読む...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。